新婚フェリシティ・ジョーンズの夫婦関係を保つ秘訣とは? 

ananweb

2019/3/28 17:30

昨年2018年に結婚したばかりのハリウッド女優、フェリシティ・ジョーンズに直撃インタビュー。「ビリーブ 未来への大逆転」の主役は自身と比べて…?

女性としてアメリカ史上2人目の最高裁判事であり、正義と平等を守る判事として敬愛されるルース・ベイダー・ギンズバーグ。彼女の半生と男女同権の萌芽を描くドラマの主役がフェリシティ・ジョーンズだ。

「ルースは1959年、コロンビア大学のロースクールを首席で卒業したわ。でも女性だからという理由で弁護士事務所への就職を断られ続けた。女性が過小評価される世間の風潮が我慢ならなかった彼女はやがて、ある裁判を起こすの。映画は男女不平等が当然という考え方を変えるきっかけとなった裁判を描くのよ」ワンダーウーマンのような女性スーパーヒーローに注目が集まる昨今、RBG(ルース・ベイダー・ギンズバーグ)もそのひとりだと言う。

「彼女のスーパーパワーは知性と根気強さで、私たちにとっては身近なロールモデルだわ。彼女はこれまで多くの困難を乗り越え、鮮やかに解決してきたの。ルースを演じて以来、仕事やプライベートで困った事態に直面したとき『ルースだったらどうするかしら?』と考えちゃうのよ」撮影前にルースと会い、生身の人間としての彼女の素顔も知った。「ルースの家で資料や写真を見せていただいて、たくさんお話を伺ったわ。二人で過ごすうちにひとりの人間、ひとりの女性としての彼女の素顔に触れることもできた。アイコンとしてのルースの実像を理解できたの。会う前は少し怖かったけど、初対面の日、彼女は私の隣のアーミー・ハマーに目が釘付けだったのよ(笑)。美男子ですものね」アーミーが演じるのはルースの夫マーティン。’50年代に結婚したにもかかわらず、家事や育児を妻と分担し、互いにリスペクトしあう理想的な夫婦関係を築いている。

「当時は家庭内でも男女平等を実践した夫婦はほとんどいなかったはず。二人には時代のはるか先をゆく勇気があり、それがマーティン&ルースを特別な存在にしているわ。互いをリスペクトして、責任も共有することが夫婦関係を良好に保つ秘訣よ」そう言うフェリシティ自身も昨年、映画監督のチャールズ・ガードと結婚したばかり。全身から幸せオーラを発し、輝かんばかりだ。

フェリシティ・ジョーンズ1983年イギリス生まれ。『博士と彼女のセオリー』(’14)でアカデミー賞主演女優賞にノミネート。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(’16)でハリウッドのA級リスト俳優に。

(C) 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

『ビリーブ未来への大逆転』監督/ミミ・レダー 出演/フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマー、ジャスティン・セロー、キャシー・ベイツほか 主題歌/ケシャ 3月22日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開。

写真・内田紘倫(The VOICE)インタビュー、文・山縣みどり

※『anan』2019年3月20日号より。

(by anan編集部)

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ