【日本麺紀行】発祥のお店で味わう本物のじゃじゃ麺 / 岩手県盛岡市の「白龍(パイロン)」

GOTRIP!

日本各地にはそれぞれの街や地域の方々がこよなく愛し、磨き上げられてきた絶品グルメが必ず1つや2つ存在する。

しかしその絶品グルメは、ほとんどの場合地元の人にとっては「常識」や「当たり前」のため、その街や地域以外の人にはなかなか知られることがないのが、現状である。

例えば、愛知県・安城市にある「北京本店の北京飯」や広島県・広島市にある「陽気のラーメン」、石川県・金沢市にある「グリルオーツカのハントンライス」、新潟県・新潟市にある「みかづきのイタリアン」、大阪府・大阪市にある「かどやの豚足」、長野県・上田市にある「日昌亭の焼きそば」北海道・札幌市にある「だるまのジンギスカン」などなど、さまざまな美味しいグルメがキラボシのごとく日本各地に輝きを放って存在している。

今回はそんな絶品の地方グルメの中から、岩手県盛岡市が誇るご当地麺「じゃじゃ麺」をご紹介したい。

お店の名前は「白龍(パイロン)」。

・創業1953年(昭和28年)の元祖じゃじゃ麺のお店、それが「白龍(パイロン)」
1953年(昭和28年)と言えば、NHKと日本テレビがテレビ放送をはじめ、初のスーパーマーケット「紀ノ国屋」が東京・青山にオープンした年。

第二次世界大戦から8年、日本全体が徐々に復興に向かって突き進んでいる時代に、こちらのお店は産まれたのだ。

創業者・高階貫勝氏が岩手県盛岡市で紹介した中国東北部(旧満州)の「炸醤麺」(ジャージャー麺)は、多くの盛岡市民に愛され、そして今では盛岡のご当地麺として全国に名を轟かせ、多くの人々にじゃじゃ麺の美味しさを今なお紹介し続けているのだ。
IMG_7506

・盛岡が誇るご当地麺「じゃじゃ麺」とは?
じゃじゃ麺とは、中国東北部(旧満州)の「炸醤麺」(ジャージャー麺)を元に、盛岡の人々の味覚にあわせてアレンジを繰り返してできあがった、盛岡独自の麺料理のこと。

うどんのような独特の麺に、椎茸などをみじん切りにして合わせたの肉味噌に、キュウリとネギが載せられたじゃじゃ麺は、盛岡以外ではなかなかお目にかかれない逸品。



お好みでじゃじゃ麺に添えられた生姜を加え、全体をしっかりと混ぜると、美味しい肉味噌がモチモチの麺と混ざり合い、美味しいじゃじゃ麺として味わう事ができる。
IMG_7511

お好みでラー油や酢などを混ぜて味わえば、味の変化も楽しむ事ができるため、最後まで飽きる事無くじゃじゃ麺を堪能できる。
IMG_7513

・じゃじゃ麺のお楽しみと言えば、「鶏蛋湯(チータンタン)」
ただ、じゃじゃ麺のシメを楽しむのであれば、全てを食べてしまうのはもったいない。

麺などを少し残した状態で、「鶏蛋湯(チータンタン)」をオーダーして欲しい。

「チータンタン」をオーダーすると、じゃじゃ麺のお皿に卵が割入れられ、しっかりと卵を混ぜてくれる。
IMG_7514

そこに肉味噌が追加され、麺の茹で汁が注がれる事で、美味しい絶品のタマゴスープを楽しむ事ができるのだ。

じゃじゃ麺のシメとして美味しいタマゴスープを楽しむ、「チータンタン」はまさに盛岡が誇る3大麺の1つであるじゃじゃ麺の醍醐味の1つといっても過言ではない。
IMG_7515
IMG_7517

もし、岩手県盛岡市を訪れるのであれば、戦後から60年以上愛され続けてきたご当地麺であるじゃじゃ麺を味わってみてはいかがだろうか?

きっとそこには、盛岡でしか味わえない、美味しい発見があるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 白龍 本店 (ぱいろん ほんてん)
住所 岩手県盛岡市内丸5-15
営業時間 月曜日~土曜日 9:00~21:00 日曜日 11:30~18:45
定休日 無し(盆時期休、年始休)
公式ホームページ http://www.pairon.iwate.jp/

IMG_7505

IMG_7508

IMG_7510

IMG_7513

当記事はGOTRIP!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ