AKB48、小朝選抜メンバー柏木由紀らが大谷康子と復興支援ソングをコラボ

テレビドガッチ

AKB48の柏木由紀、岡田奈々、大家志津香、竹内美宥が、3月30日放送の『おんがく交差点』(BSテレ東、毎週土曜8:00~)に出演。番組MCの春風亭小朝が選抜した4人のメンバーが、同じくMCでヴァイオリニストの大谷康子と復興支援ソングで共演を果たす。

同番組は、珠玉の演奏と上質な音楽トークプログラム。今回は、コラボレーション名曲集「歌うヴァイオリン」と銘打ち、大谷とゲストのコラボレーション企画の第13弾がオンエア。AKB48選抜4人のほか、山根篤、彌勒忠史、横山幸雄、KiRiKoらが至極のステージを披露する。

演奏楽曲は以下が予定されている。

■バグパイプ×歌うヴァイオリン【山根篤】
「カミング・スルー・ザ・ライ」 スコットランド民謡

■カウンターテナー×歌うヴァイオリン【彌勒忠史】
「オンブラ・マイ・フ ~歌劇《セルセ》」 ヘンデル

■ピアノ×歌うヴァイオリン【横山幸雄】
「ヴァイオリン・ソナタ第5番『春』第1楽章」 ベートーヴェン

■二胡×歌うヴァイオリン【KiRiKo】
「ダッタン人の踊り」~歌劇《イーゴリ公》 作曲アレクサンドル・ボロディン 編曲森川拓哉

■AKB48『小朝選抜メンバー』×歌うヴァイオリン【AKB48】
「掌が語ること」作詞秋元康 作曲丸谷マナブ 編曲野中“まさ”雄一 収録用編曲森川拓哉

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ