関ジャニ∞の現在に「渋谷すばるが脱退して良かった」の声が上がる理由

しらべぇ

2019/3/25 18:00




24日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で、関ジャニ∞の丸山隆平、安田章大の2人がMr.Childrenの『星になれたら』を熱唱。その歌唱力の高さに、視聴者から驚きの声が上がっている。

■上京ソングをベスト10で特集


番組では今回、「グッとくる! 上京ソング」をベスト10のランキング形式で特集。作詞家・歌詞プロデューサーのいしわたり淳治氏、音楽プロデューサーの寺岡呼人氏が名曲の解説を行った。

番組冒頭では、出演者たちが上京について、それぞれの想いを語る。そんな中、全員が関西出身で上京に特別な思い入れを持つ関ジャニ∞のメンバーたちとは対照的に、この日ゲストで来ていた土屋太鳳は東京出身。

「上京するって気持ちは分からないんですけど、新しい環境に入るって気持ちは理解ができるので」と話すと、村上信五は「ありがとう。すり寄ろうとしてくれてるんやね」と満面の笑みをのぞかせた。

■曲が完成するまでの経緯


第9位にランクインした『星になれたら』の作曲に関わった寺岡氏は、「まだデビューも何も決まっていない桜井と2人で僕の家で作りました」と、番組の事前アンケートで当時を回顧。曲ができるまでの経緯を明かした。

番組恒例のセッションでは、丸山がボーカル、安田がボーカル・ギター、横山裕がパーカッションを担当。同曲を寺岡氏と演奏した。

■2人の歌唱力に絶賛の声


丸山と安田のボーカルに、視聴者からは絶賛の声が続出。ツイッターでは「超上手い」などのコメントが寄せられている。







また、コメントの中には「渋谷すばるが抜けて良かった」というものも。メインボーカルの渋谷がグループを抜け、『関ジャム』でほかのメンバーが歌う機会が増えたことが良い効果も生んでいると考えたようだ。

■歌詞のいい曲が好き?


しらべぇ編集部では、全国20~60代の音楽をよく聴く男女639名を対象に、「歌詞」について調査を実施。その結果、全体のおよそ6割の人が「歌詞の意味がいい曲が好きだ」と回答している。



ファンの間では、歌唱力の高さに以前から定評があった丸山と安田。今回の放送は、普段は錦戸亮がメインボーカルを務め、この2人がベースとギターを弾いているというグループとしての厚みが分かるものになったのではないだろうか。

・合わせて読みたい→「U字の水槽」が突如ツイッタートレンド入り 「7年前の呪いふたたび」との声も

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の音楽をよく聴く男女639名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ