《大人女性向け》フェスの服装特集!ポイントを押さえたおしゃれコーデで楽しもう♪

folk

2019/3/24 21:00


今回はフェスの服装のポイントを押さえたコーディネートをご紹介。これからのシーズン様々な音楽フェスが目白押し!

海や山での野外フェスはもちろん、シティー型のフェスなど、会場に合わせたおしゃれな服装を楽しみたいですよね。

人気ファッショニスタさんが実践するアイテム別のおしゃれなスタイリング術を是非チェックしてみてください。

フェスの服装《アイテム別》のポイントをご紹介!

楽チンなパンツスタイルでボーイッシュに


楽チンなパンツスタイルでボーイッシュに

https://wear.jp/

ラフに着こなせるデニムパンツなら、アクティブに楽しみたいフェスコーデにも最適。

サングラスやキャップ、身軽に動けるサコッシュをプラスすれば、シンプルなデニムコーデがワンランクアップします。

楽チンなパンツスタイルでボーイッシュに2

https://wear.jp/

動きやすく楽チンなオーバーオールは、落ち着きのあるベージュをチョイスすることで大人っぽい着こなしが楽しめます。

モノトーンアイテムとのシックなカラーリングで、大人女子のフェスファッションを楽しんで。

ワンピーススタイルでガーリーに


ワンピーススタイルでガーリーに

https://wear.jp/

鮮やかなイエローのワンピースは、夏フェスの服装にピッタリ。

フェミニンなシルエットなので、敢えてキャップやサコッシュなどのボーイッシュなアイテムをミックスして、カジュアルダウンするのがおすすめです。

ワンピーススタイルでガーリーに2

https://wear.jp/

バックリボンになった女性らしいデザインがポイントになったフレアワンピース。

鮮やかなグリーンがフェス会場でも目を惹くこと間違いなしです。

スポーツテイストなサンダルで足元を決めれば抜け感のある着こなしが完成。

少し肌寒い時はタイツをプラスして温度調節ができるのもワンピースの服装ならではです。

スカートスタイルでフェミニンに


スカートスタイルでフェミニンに

https://wear.jp/

夏のムード満点なハワイアン柄のスカートは、1枚で存在感抜群です。

ミッキーマウスがさりげなくプリントされたTシャツとの組み合わせが、遊び心を感じさせてくれますね。

スカートスタイルでフェミニンに2

https://wear.jp/

イエローのTシャツにブルー系のスカートのコンビネーションが、夏フェスの服装にも最適。

明るいカラーにエスニックテイストの柄が、シーズンライクな着こなしを叶えてくれます。

フェスだもん!いつもよりちょっと派手めに


フェスだもん!いつもよりちょっと派手めに

https://wear.jp/

総柄が目を惹くトップス、ボトムスは、ゆったり感が今年っぽい印象。

インパクトのあるアイテムをセットアップで着こなして、フェスの服装らしいヒッピー風のスタイリングが楽しめる1枚です。

[earth music&ecology] ミントリネンブレンドシャツワンピ-ス

zozo.jp

野外フェスなら思い切っていつもよりも着ないカラーを取り入れた服装を楽しみたいもの。

イエローのシャツワンピは、ベルトマークしてすっきりと着ても◎。

リンクコーデを楽しむ


リンクコーデを楽しむ

https://wear.jp/

普段とは違ったファッションを楽しめるのもフェスの醍醐味。

お友達とお揃いのアイテムでリンクコーデを楽しむのもおすすめです。

鮮やかな配色がポイントになったドット柄ワンピースは、サンダル&ハットでシンプルに仕上げて。

山でのフェス服装なら、夜の肌寒い時にはタイツをプラスして温度調節を。

モノトーンコーデ


モノトーンコーデ

https://wear.jp/

モノトーンカラーのアイテムで仕上げた、大人っぽい印象が魅力的なコーディネート。

足元はスポーティーなサンダルで仕上げることで、程よいカジュアル感の服装が楽しめますね。

モノトーンコーデ2

https://wear.jp/

着心地が良く動きやすいTシャツワンピースは、アクティブに楽しみたいフェスの服装にピッタリ。

足元をスニーカーで仕上げたスポーツミックスな着こなしにキャップが好相性。

モノトーンのシンプルなカラーリングが、大人女子にも取り入れやすいコーディネートです。

フェスの服装①トップス

ロックT


ロックT

https://wear.jp/

ベルト付きデニムワイドパンツにロックテイストのTシャツを組み合わせた、遊び心溢れるコーディネート。

シルバーのアクセサリーやバッグが華やかなアクセントになり、大人女子も楽しめるフェスの服装が完成です。

ロックT2

https://wear.jp/

鮮やかなパープルのティアードスカートは、ロックテイストのトップスと組み合わせた甘過ぎないスタイリングがポイントに。

キャップやサコッシュをプラスした、ボーイッシュな小物使いもトレンドライクでおしゃれですね。

フェスの服装②ボトムス

ショートパンツ


ショートパンツ

https://wear.jp/

野外音楽フェスの開放的な雰囲気を楽しむなら、思い切ってショートパンツを取り入れた服装に挑戦するのもおすすめ。

スニーカースタイルのアクティブなスタイリングにカラーガウンをプラスすることで、女性らしさもしっかり押さえた着こなしが叶います。

ショートパンツ2

https://wear.jp/

大胆なフラワープリントのショートパンツがポイントになったアウトドアテイストなフェスの服装。

足元にはブラックのアンクルブーツを組み合わせ、足首がキュッと引き締まった印象に。

デニムパンツ


デニムパンツ

https://wear.jp/

襟元にレースが施されたフェミニンなトップスは程よい甘さが魅力的。

キャップやスポーツテイストのサンダルを組み合わせた、ボーイッシュなアイテムとのバランスが絶妙な仕上がりです。

デニムパンツ2

https://wear.jp/

太めのシルエットが履き心地良さそうなデニムパンツは、花柄キャミソールをプラスして女性らしさを感じる服装に。

夏の野外フェスなら、大胆な肌見せファッションも思いっきり楽しめそうですね。

ワイドパンツ


ワイドパンツ

https://wear.jp/

ゆったりとしたシルエットのアロハシャツにワイドパンツを組み合わせたフェスの服装にも最適な楽チンコーデ。

サーフテイストの柄が、海でのフェスにもピッタリですね。

ワイドパンツ2

https://wear.jp/

ハイウエストにボリューミーなシルエットが目を惹くワイドパンツは存在感抜群。

シンプルなブラックのノースリーブをトップスインすることで、大人っぽい服装が楽しめますね。

迷彩柄のサコッシュがアクティブに動き回りたいフェスにも最適です。

レギンス


レギンス

https://wear.jp/

ビッグシルエットのボーダーTシャツをワンピース風に着こなした楽チンなフェス向けの服装。

肌触りの良いサーマル素材のレギンスをプラスすれば、動きやすくとても快適ですね。

[Bou Jeloud] 《再入荷》コットン素材ベーシック リブレギンス

https://wear.jp/

シンプルなTシャツワンピースにレギンスを組み合わせたモノトーンコーデ。

ハットやボディバッグをプラスした、ボーイッシュなスタイリングがアクティブに楽しみたいフェスの服装にも最適です。

ロングスカート


ロングスカート

https://wear.jp/

ウエストのテープベルトがポイントになったロングスカートは、Tシャツをトップスインしてカジュアルな服装に。

スポーツテイストのサンダルなら海や山で足元が楽チンなのでおすすめです。

ロングスカート2

https://wear.jp/

赤いソックスやバンダナの差し色を効かせたコーディネートは、ボーダーのトップスが爽やかな仕上がり。

リュックやハットをプラスすることで、広い会場を動き回るフェスの服装にも最適な着こなしが完成です。

フェスの服装③アウター

レインコート


[URBAN RESEARCH] ボ・カープスリーブレインポンチョ

https://wear.jp/

レインコートはお天気が変わりやすい山でのフェスの服装に欠かせないアイテム。

雨にはもちろん、寒い時の温度調節にも活躍してくれます。

幾何学模様の柄もモノトーンカラーでコーディネートすることで、大人っぽい着こなしが楽しめますね。

レインコート

https://wear.jp/

花柄のミニスカートにボーダーのポンチョ型のレインコートを組み合わせた、柄オン柄のキュートなコーディネート。

キッズサイズのポンチョがミニスカートと絶妙なバランスですね。

カラフルな色使いがフェスの服装にピッタリです。

ナイロンブルゾン


ナイロンブルゾン

https://wear.jp/

メンズサイズのゆったりとしたナイロンパーカーは、ブラックスキニーパンツをボトムスに合わせてバランスの良い仕上がりに。

スニーカースタイルなら、一日中歩き回るフェスでも安心な服装ですね。

マウンテンパーカー


[LOWRYS FARM] キノウツキマンパ

https://wear.jp/

ベージュ×ブラックのシックなカラーリングが大人の落ち着きある着こなしを叶えてくれます。防水・防寒にもなるマウンテンパーカーは気温の変化が激しい山での野外フェスの服装にもピッタリです。

マウンテンパーカー

https://wear.jp/

鮮やかな赤いマウンテンパーカーがコーデのポイントになったショートパンツスタイル。

足元はサイドゴアのレインブーツで仕上げることで、野外フェスでの突然の雨にも対応できます。

ガウン


ガウン

https://wear.jp/

繊細なレース素材のガウンを羽織ったショートパンツスタイルは、程よい甘さが魅力的。

ブラックのハットをプラスした小物使いが大人っぽい服装に仕上げてくれます。

ガウン2

https://wear.jp/

カットオフデニムパンツにメンズライクなプリントTシャツをトップスインした大人のショートパンツスタイル。

フリンジのガウンをプラスすることで、女性らしさもしっかりと押さえた服装が楽しめますね。

ブラックのショートブーツのバランスが美脚も叶えてくれます。

フェスの服装④シューズ

ブーツ


ブーツ

https://wear.jp/

メンズライクなレースアップブーツはミニ丈のワンピースとのバランスが絶妙。

ボリューム感のあるデザインが、華奢な美脚シルエットを叶えてくれます。

スニーカー


スニーカー

https://wear.jp/

足元が不安定な山のフェスでは歩きやすいスニーカーが安心ですね。

デニムの裾をロールアップして抜け感を演出。

イエローのシャツワンピースなら広い会場でも目を引きますね。

温度調節がしやすいところも服装選びのポイントです。

スニーカー2

https://wear.jp/

エスニックテイストの柄ワンピースは、ボリューム袖のデザインが可愛らしいポイントに。

スニーカースタイルなので野外でのフェスも歩きやすく、アクティブな印象の服装が楽しめます。

レインブーツ


レインブーツ

https://wear.jp/

天候が変わりやすい山のフェス。

万が一の雨に備えてレインブーツを取り入れた服装でおしゃれに決めるのもおすすめ。

シンプルデザインのレインブーツなら、フェミニンなワンピースにもバランス良くマッチしてくれます。

レインブーツ2

https://wear.jp/

HUNTERのひざ下丈のレインブーツはショートパンツと好相性。

シンプルで飽きのこないデザインが大人女子のフェスコーデにも取り入れやすそうですね。

フラットなソールが歩きやすく楽チンなところも魅力的です。

サンダル


サンダル

https://wear.jp/

シンプルデザインのスポーツサンダルは、素足ではもちろんソックスを組み合わせて楽しめるところが嬉しいポイント。

野外フェスで足元を冷やしたくない時にはソックスやタイツをプラスするのもおすすめです。

サンダル2

https://wear.jp/

キャミワンピースにスキニ―パンツを組み合わせたシックなモノトーンコーディネートは、大人女子のフェスコーデにも最適。

スポーツサンダルでラフに仕上げることで、海や山でのフェスも楽に過ごせそうです。

フェスの服装⑤バッグ

ボディバッグ


[TOKYO DEPARTMENT STORE] 【SPRUCE】メタリックボディバッグ

https://wear.jp/

コンパクトながら必要なアイテムが十分に収納できるボディバッグは、野外フェスの服装にも好相性。

スポーティーなデザインが様々なコーデに取り入れやすく、大活躍してくれること間違いなしです。

ボディバッグ

https://wear.jp/

フリンジデザインが目を惹く楽チンなワンピースはブラックスキニーを組み合わせてカジュアルダウン。

ストリート感のあるハットやボディバッグの小物使いが、アクティブに楽しみたいフェスコーデにピッタリです。

サコッシュ


サコッシュ

https://wear.jp/

華奢なストラップが可愛らしいスポーツテイストのサコッシュは大人カジュアルな服装に好相性。

ワンウォッシュデニムにホワイトのノースリーブをトップスインしたトレンドライクな着こなしがおしゃれですね。

サコッシュ2

https://wear.jp/

カラー物のサコッシュは、コーデの差し色アイテムとしても活躍してくれます。

ボーイッシュなパンツスタイルにサンダルやキャップをプラスした、スポーツミックスなスタイリングがポイントに。

リュック


リュック

https://wear.jp/

シンプルな黒リュックは、大人女子のコーデに取り入れやすいところが魅力的。

ボーダーカットソーにショートパンツのボーイッシュな服装にキャップや黒リュックが好バランスです。

リュック2

https://wear.jp/

何かと荷物が多くなりがちな野外フェスの服装には、両手がフリーになるリュックスタイルがおすすめ。

レインブーツで足元を仕上げれば、足元の悪い日でもフェスを思いっきり楽しめそうです。

フェスの服装⑥帽子


フェスの服装⑥帽子

https://wear.jp/

日差しの強い海や山でのフェスの服装に欠かせないのが帽子やサングラス。

ナチュラル素材のハットがシーズンライクな着こなしのポイントになっています。

モノトーンコーデで仕上げた大人っぽいスタイリングにもバランス良くマッチしてくれますね。

キャップ


[QUEENHEAD] MHTキャップ

https://wear.jp/

キャップの小物使いがカジュアルでボーイッシュな雰囲気を演出するスカートコーデ。

スポーツテイストのボディバッグやハイカットスニーカーを使った小物のバランスが、フェスの服装をおしゃれに仕上げてくれます。

ハット


ハット

https://wear.jp/

迷彩風のジオメトリック柄が目を惹くハットがモノトーンコーデに遊び心をプラス。

コンパクトなボディバッグは、目の覚めるようなイエローがポップなアクセントになっています。

フェスの服装⑥その他

サングラス


サングラス

https://wear.jp/

ミラーレンズのサングラスが夏のムード満点なコーディネート。

紫外線防止や温度調節にも大活躍してくれるミリタリージャケットは、腰に巻くことでコーデのアクセントとしても楽しめますね。

サングラス2

https://wear.jp/

シンプルなロングTシャツワンピースは、小物使いのバランスがおしゃれに決めるコツ。

昼間の強い日差しをカバーするのはもちろん、トレンドライクな表情を演出してくれるサングラスはフェスコーデに欠かせないアイテムです。

フェスでNGな服装


フェスでNGな服装

https://wear.jp/

海や山での野外フェスではスニーカーやブーツがマストアイテム。

シティー型のフェスなら野外ではNGなフラットタイプのシューズで大人のきれいめスタイルも楽しめちゃいます。

フェスの会場に合わせた服装で、思いっきりおしゃれを楽しみたいですね。

フェスでNGな服装2

https://wear.jp/

紫外線が気になる野外フェスでは、日焼け対策できる服装選びも重要なポイント。

Tシャツの中に長袖を重ねるなど、おしゃれに仕上げるコツをつかんでフェスファッションを楽しみましょう。

フェスの服装はポイントを押さえておしゃれに♪


いかがでしたか?人気ファッショニスタさんのおしゃれでハイセンスなフェスコーデをご紹介しました。

海や山、シティー型など、会場に合わせたおしゃれな服装でフェスを思いっきり楽しみましょう。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ