自然派ママにおすすめ!「国産・オーガニックの安心・安全離乳食」10選

It Mama

2019/3/23 21:35

source:https://www.shutterstock.com/

お出かけ先や夕飯の支度が間に合わないときなど、パウチや瓶に入ったベビーフードに助けられているママは多いですよね。また、「何かあったときのために」と常備しているママもいます。

そんなベビーフードですが、近年、オーガニックや国産、無添加といった赤ちゃんに優しいベビーフードブランドも増え、少し前に比べると入手しやすくなりました。オーガニックや国産などこだわったベビーフードなら積極的に使いたいですよね。

今回は、3児のママである山田さんに国産・オーガニックの安心離乳食をご紹介いただきます。


離乳食、ママが気にするポイントは?

source:https://www.shutterstock.com/

アレルギーの有無や形状について、さらに月齢が高くなると栄養バランス、味付けの濃さなど、離乳食についてママが気にするポイントはたくさん!

また、産地や安心、安全な食材なのかも気になるポイントです。

以前、娘の健診で離乳食についての話を病院の栄養士さんから聞いたとき「離乳食で困ったなという時は、ぜひ一度市販のベビーフードを食べてみてください。」と教わりました。味付けや形状、レパートリーなど、市販のベビーフードは例えば下記のようなお悩みも解決できるかもしれません。

(1)味付け・形状がわからない!
味付けは”薄味”といわれてもわかりにくく、初めての赤ちゃんに調味料を使ったのは1歳に近かったというママもいます。調味料を使用すると料理の幅が広がり、食べる楽しさを伝えやすくなりますよね。

月齢での形状の差もわかりやすく、赤ちゃんの発達に合わせた硬さや細かさで赤ちゃんの発達に必要な形状がわかります。

(2)産地や無添加にこだわりたい!
こだわった離乳食を作りたいと思うママは多いと思いますが、食材が見つかりにくい、また値段も高くなりやすく経済的にも負担が大きくなりがちです。

市販のベビーフードですと、普段手に入りづらい食材が含まれていることもあり、赤ちゃんの味覚や舌ざわりなど成長に合わせて摂取することができますね。

(3)栄養のバランスは足りているの?
栄養のバランスを栄養士さんのように計算することはとても難しいです。栄養が偏っていないかと不安に思っているママも多いのでは?

ベビーフードには、栄養の表記がされていたり、計算されて作られているものもあります。たまにベビーフードを利用して、栄養の偏りを補ったり、ベビーフードから学びママの離乳食のレパートリーを広げることもできます。

おすすめの国産・オーガニック離乳食10選


(1)baby’s fun!
source:https://babysfun.stores.jp/

「家族みんなが嬉しい こだわりの離乳食ブランド」をコンセプトに「本当に我が子に食べさせたいかどうか」を基準に作られている、おうちで食べさせるための国内初の冷凍離乳食キットブランドです。

素材本来の味を活かすため、農薬不使用野菜を中心に、魚は愛媛県の瀬戸内海で採れる白身魚を、肉は国産の鶏ささみが使用されています。
さらに、栄養素がアップし甘みも増すよう”蒸す”方法で調理されていて、色どりもキレイ! 特に出汁は丁寧に手作りしています。メニューはすべて管理栄養士監修のもと月齢に合わせて作られているので安心です。

真空パックのまま湯煎解凍して混ぜ合わせるだけでできる簡単調理。離乳食を作ってあげたいけど忙しくてなかなか大変というママにおすすめです。味覚形成をする大切な時期だから本当の味をたべさせてくださいね。

尚、3月29日(金)まで全商品30%OFFキャンペーン(送料別途)を開催中ですので、まずは試してみたいという方は、ご購入時にクーポンコード:CYTM6gBEzk を入力いただくとお得にお買い物できるそうです、お見逃しなく!

(2)BabyOrgente「無添加 離乳食 オーガニックベビーフード」
無添加 離乳食 オーガニックベビーフード 有機無農薬のお野菜と手仕込み天然だしの BabyOrgente ほうれん草と小松菜おじやタイプ
source:https://www.amazon.co.jp/

長年食品産業で働いてきた経験をもとに、”本当に自分の子供に食べさせたいベビーフードを作りたい”という想いから作られた、有機&無農薬のお野菜と天然だしを使ったベビーフードです。

採れたての野菜を使用し、一つ一つ手作りされているので、夏ニンジンと冬ニンジンの味が異なるのだとか。月齢6ヶ月~15か月という幅広い月齢の赤ちゃんが食べることができます。

アルミが食品に付かない特殊構造パウチに入っていて、賞味期限は12ヶ月です。放射能検査も済んでいるので保存食として数個持っていたいブランドの一つです。

(3)GreenMind「国産有機米・無添加仕上げの離乳食 赤ちゃんのためのお粥」
【Amazon.co.jp 限定】国産有機米・無添加仕上げの離乳食 赤ちゃんのためのお粥[5ヶ月頃から]×6個
source:https://www.amazon.co.jp/

オーガニック認証を取得した有機米(オーガニック)の兵庫県産コシヒカリを使用し、食品添加物を使わず作られたベビーフードです。

アレルギー物質(特定原材料7品目)が含まれていなく、お粥の水分は、お米の産地と同じ水を使って手作りしているほどのこだわり。さらに、放射能や日本の水田土壌で心配さるカドニウムなどの検査を実施されているので安心です。

赤ちゃんの成長に合わせ「とろとろ」から「つぶつぶ」まで異なった月齢商品があり、お米の風味や触感や食感が楽しめます。

(4)はたけのみかた 「四季の離乳食manma」
無添加・有機米・無農薬野菜のベビーフード「manma 四季の離乳食」(6個セット【7か月】)
source:https://www.amazon.co.jp/

滋賀県産の旬で新鮮な有機米・無農薬野菜が使われていて、日本の四季に合わせてラインアップが変わるベビーフード。中期食以降は魚が入っていたりと、バリエーション豊富なのも魅力です。

鯛や鶏をより細かく滑らかにし、赤ちゃんが違和感なく食べられるようになっています。さらに、葉物は茎を取り除き、柔らかい葉の部分だけを使用し、大人でも楽しめるほどの風味が広がるように工夫されています。

食材本来の旨みや甘みを引き出すため、相性の良い野菜同士の組み合わせを追求しているので、砂糖や調味料は極力使われていません。ママのお料理にも活かせそうです!

(5)味千汐路「おふく楼 有機 JAS 認定 無添加 ベビーフード」
無添加 ベビーフード 12ヶ月頃から 離乳食 6種類 12食セット(国産 有機素材 天然素材 使用)
source:https://www.amazon.co.jp


食品添加物無添加に加え、国産有機素材と国産天然素材と、とことん国産素材にこだわったベビーフード。有機JAS認定という厳しい審査を通った農場で育った野菜を厳選して使用しています。

五目煮など、日本人が好みそうなお料理や、お米料理も魚入りや炊き込みご飯、鯛めしなど幅広いメニューがあり、アレンジしても美味しい離乳食が作れそうです。

(6)活彩北海道「無添加・無着色の北海道産野菜フレーク」
無添加・無着色の北海道産野菜フレーク4種お試しミニサイズセット かぼちゃ/とうもろこし/じゃがいも/にんじん
source:https://www.amazon.co.jp

大自然”北海道”で育った新鮮野菜を無添加、無着色にて加工したベビーフードです。保存料も使用されていないのに、保存期間は未開封で1年というのが嬉しいポイントです。

それぞれの野菜をボイル加熱処理後、ドラム乾燥機にかけてフレーク状にしているので、栄養がそのまままるごと摂ることができます。

野菜フレークは、水分を与えると裏ごしした状態になるので、スープ・サラダ・ジュースな様々な料理にアレンジでき、大量に食べなくても栄養素をしっかり摂れるので離乳食に大活躍しそうです。

(7)Earthink 「無添加 米粉の離乳食」
無添加 米粉の離乳食 5ヶ月頃~7ヶ月頃 7種類7食セット (グルテンフリー ノンアレルギー ベビーフード 離乳食)
source:https://www.amazon.co.jp

”化学調味料を使わない離乳食”として無添加、ノンアレルギー(エビ・カニ・小麦・そば・落花生・乳・卵を不使用)、グルテンフリーの米粉ベビーフード。

素材は、長崎県産の米粉や昆布粉など、産地にこだわり、なめらかにすりつぶした状態のペースト状になっています。

もちろん常温で持ち歩けてお出かけや旅行にも便利です。健康食品として家族みんなで食べることができ、高齢者にもおすすめです。

(8)ベビービオ オーガニックベビースムージー
ベビービオ オーガニックベビースムージー アップル・スイートポテト 90g 【有機ベビーフード】【有機JAS認証品】×7本
source:https://www.amazon.co.jp

国産ではありませんが、フランスで最初にオーガニックベビーミルクを開発したブランドのスムージータイプのベビーフードです。有機果実をすり潰したスムージーは生後6ヶ月ごろから食べることができます。

主原料のりんごは、栽培に適した気候・地質に恵まれており、甘くジューシーでサクサクとした食感が楽しめるフランス南西部アキテーヌ地方の物を使用。その他、原材料は主に地元フランスを中心に、近隣のヨーロッパ諸国(スペイン、イタリア等)から仕入れた物で作られています。もちろん、有機JAS認証品なので安心です。

おやつに出してあげたら、赤ちゃんが喜びそうですね。また、大人の朝食などにも最適です!

(9)日本スープ

無添加・無脂肪・食塩ゼロ! もちろん、国産有機野菜を使用したスープストックは、離乳食にも使うことができます。

生後6か月から食べることができ、おかゆと混ぜたりして、味を楽しむことができます。また、大人は、牛乳や塩を加えポタージュ風にすることもできます。

赤ちゃんと同じものを食べれると、食事を作る手間が省けるので、仕事をしてるママに重宝しそうです。

(10)自然派ストアSakura「有機まるごとベビーフード」

ベビーうどん、そうめん、スパゲッティとだし醤油のセットです。毎日おかゆだと飽きてしまいます。たまには違った料理にもチャレンジ!

食塩を使っていないので、ゆで汁を捨てずに調理ができ、お鍋一つでお料理完成。もちろん、国産有機素材が使われていて、化学調味料やエキス類は一切入っていません。有機認定の自社工場で毎日作られていて、さらに安全です。

数種類の野菜が入ったマイルドな醤油は、離乳食味付けだけでなく、冷奴やお味噌汁などにも使ってみてください。

たくさんのこだわりブランドから選べるので、飽きずに、様々な食材とレパートリーを楽しむことができます。

たまには離乳食をベビーフードにし、食事の準備を気にせず赤ちゃんと遊ぶのもいいですね!

【参考・画像】
※1 baby’s fun!
※2 BabyOrgente「無添加 離乳食 オーガニックベビーフード」- Amazon
※3 GreenMind「国産有機米・無添加仕上げの離乳食 赤ちゃんのためのお粥」- Amazon
※4 はたけのみかた 「四季の離乳食manma」- Amazon
※5 味千汐路「おふく楼 有機 JAS 認定 無添加 ベビーフード」- Amazon
※6 活彩北海道「無添加・無着色の北海道産野菜フレーク」- Amazon
※7 Earthink 「無添加 米粉の離乳食」- Amazon
※8 ベビービオ「 オーガニックベビースムージー」- Amazon
※9 日本スープ – rakuten
※10 自然派ストアSakura「有機まるごとベビーフード」- rakuten
※ LeManna、 bigacis / Shutterstock

当記事はIt Mamaの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ