アラサーOL“ごぶさた”に歓喜! お相手は田中圭『美人が婚活してみたら』

まいじつ

2019/3/23 10:31


『美人が婚活してみたら』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『美人が婚活してみたら』


配給/KATSU-do 新宿シネマカリテほかで全国公開
監督/大九明子
出演/黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭、成河ほか

たとえ美人でも婚活しなきゃいけないほど男に困るものなのか? という〝素朴な疑問〟に答える(?)モンダイ作。ヒロインが黒川芽以なので期待大だし、大九明子監督は、松岡茉優が〝彼氏がいない歴ン年〟の24歳OLを演じていた『勝手にふるえてろ』(17年)がかなりブッ飛んだラブ・コメだっただけに、今回も快打を期待する。

タカコ(黒川芽以)はWEBデザイナーとして活躍する美人。愚痴も言える親友のケイコ(臼田あさ美)もいて悪くない独身生活だが、過去の恋愛歴では、付き合っていた男が実は既婚で、結局、破局したこともたびたびだった。年齢的にも不毛な恋愛に疲れ、身を固めたい気分になり、意を決して婚活サイトに登録するが…。

こじらせヒロインのラブコメとして、今度は〝32歳の美人〟というヒロイン設定を年齢高めにした。アラサー、熟女大好きのボクとしては大歓迎。長年ご贔屓の黒川芽以サマなら、なお歓迎。『愛を語れば変態ですか』(15年)みたいに、今度も彼女のコメディエンヌぶりを大いに楽しんだ。まあ『勝手にふるえてろ』ほどの〝毒気〟は薄いけれど、わが芽以サマ謹製の〝天下一のふて腐れ顔〟は大いに健在だ。劇中、彼女を美人、美人と呼び過ぎるのが、少し面映ゆい。ファンだからあえて言うが、彼女は絶世の美女というより〝普通に美人〟だと思うのだが、いかがか。普通じゃいけませんか?

不貞腐れ婚活ヒロインのゴールは?


親友役の臼田あさ美が、テレビの『家売るオンナの逆襲』でチチンプイプイとやるスナックのママとはまるで違って、ここでは〝ヒロインに対する辛辣な批評家〟的キャラを好演する。黒川・臼田のガールズトークは実に丁々発止で面白い。ヒロインが婚活の中で意気投合する歯科医役が田中圭。これまた、最近のテレビでは抜群に面白かった『獣になれない私たち』のときと似た感じで〝ミスター優柔不断〟ぶりに磨きがかかっている。いや、褒めてるんだよ。

この歯科医に結婚の意志がないと解りつつも自宅に誘い、コトに及ぶ。高岡早紀主演の『モンスター』(13年)では濡れ場描写は濃厚だったが、今回は少々マイルド風味なのが口惜しい。彼が帰った後、ベランダに出て「私、セックスしたかったんだなあ…」と、しばらく〝ごぶさた〟だったわが身を思ってつぶやくあたりが印象的。まあ今時、たかがセックス1回で、こんなに感慨深くなるかー? とも思うが、わが芽以サマが演じれば説得力は生まれる。経験上、結婚ってなりゆきだと思うのだが、さてこの〝婚活ヒロイン〟は晴れてゴールインするのか? それは見てのお楽しみ、ということで。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ