レオナルド・ディカプリオ出演!タランティーノ最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』


クエンティン・タランティーノの 9 作目の長編監督作となる最新作“Once Upon a Time in Hollywood”の邦題が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』となり、今秋日本公開されることが決定。
タランティーノ製作、脚本、監督を務め、脚本執筆には5年の歳月を費やしたというこの作品。
舞台は1969年のロサンジェルス。
詳しいストーリーはまだ明かされていないが、ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を、郷愁とリスペクトを込め描き、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピットを筆頭にマーゴット・ロビーほか豪華キャストが集結した。
今回解禁された2枚のポスターにはレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの2ショットと当時絶頂の人気を誇っていた女優シャロン・テート役のマーゴット・ロビーの姿が収められている。
さらに、特報には、ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしているちょっと落ち目のTV俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と、長年彼のスタントマンを務めているクリフ・ブース(ブラッド・ピット)が登場。
クリフがブルース・リーらしき東洋人とカンフーアクションを撮影するシーンや、共演した子役の少女に「私が生きてきた中であなたは 最高の役者よ」とささやかれリックが涙ぐむ姿などが描かれている。

映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」は2019年秋 全国ロードショー。
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

当記事はフィールドキャスターの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ