女性のハートに突き刺さった「少年マンガの名セリフ」ランキング発表

『週刊少年ジャンプ』が「友情・努力・勝利」を三大原則として掲げているように、青春をテーマにした作品が多い少年マンガ。名作と呼ばれる作品を読んでいると、胸が熱くなるシーンや感動する名言などが数多く登場しますよね。

女性を感動させた「少年マンガの名セリフ」ランキング

そこで、今回は女性たちのハートに突き刺さった「少年マンガの名セリフ」をランキングにしてみました。皆さんの心に残っている言葉は果たしてランクインしているでしょうか。1位から順番にご覧ください。

1位 「あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」/安西先生(『SLAM DUNK』/井上雄彦) 21.8%
誰もが知るスラムダンクの名言が堂々の1位!中学時代の三井寿に安西先生が投げかけた言葉は三井の心に響き、その後三井は安西先生を追いかけて湘北高校に入学することになったのです。

2位 「だが断る」/岸辺露伴(『ジョジョの奇妙な冒険 第四部ダイヤモンドは砕けない』/荒木飛呂彦) 19.1%
ジョジョファンなら誰もが思わず真似したくなる岸辺露伴の名セリフ「だが断る」が2位。その後に続く「この岸辺露伴が最も好きなことのひとつは自分で強いと思ってるやつに『NO』と断ってやることだ」というセリフとの組み合わせは最高ですよね。

3位 「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし!成功した者は皆すべからく努力しておる!!」/鴨川源二(『はじめの一歩』/森川ジョージ) 18.2%
ボクシングマンガ『はじめの一歩』で鴨川会長がタイトルマッチに挑む鷹村守に投げかけた言葉が3位にランクイン。この言葉には胸に刺さるというよりも共感した人が非常に多かったのではないでしょうか。努力を続けるときに勇気づけられるメッセージです。

4位 「人間が生きものの生き死にを自由にしようなんておこがましいとは思わんかね……」/本間丈太郎(『ブラック・ジャック』/手塚治虫) 17.3%
手塚治虫先生の代表作のひとつ『ブラック・ジャック』からもランクイン。ブラック・ジャックの恩師が最後に残したメッセージが4位になりました。冷酷に見えるブラックジャックですが、この発言を知っているかどうかで見え方が大きく変わってきますよね。

5位 「争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない!!」/桂木桂馬(『神のみぞ知るセカイ』/若木民喜) 16.4%
ネット上で頻繁に使われる、二匹のカンガルーがボクシングをしているAA(アスキーアート)のイメージが強いという人も多いのではないでしょうか。その元ネタは若木民喜先生のマンガ『神のみぞ知るセカイ』から。主人公の桂木桂馬が言った胸を打つシーンでのセリフです。

6位 「やればわかる!!やらなければ一生わからん!!」/炎尾燃(『燃えよペン』/島本和彦) 15.5%
6位は同票で6つのセリフがランクイン。そのうちのひとつは熱血マンガ家の炎尾燃がマンガへの思いをぶちまけた「やればわかる!!やらなければ一生わからん!!」というセリフでした。迫力ある表情とフキダシから飛び出る文字という表現も相まって、最高にインパクトのあるページになっています。

6位 「きみはかんちがいしてるんだ。道をえらぶということは、かならずしも歩きやすい安全な道をえらぶってことじゃないんだぞ。」/ドラえもん(『ドラえもん』/ 藤子・F・不二雄) 15.5%
時折とんでもなく心に突き刺さる名言を放つドラえもんも6位にランクイン。普段はのび太と一緒にぐうたらしているドラえもんですが、こういったアドバイスは胸に刺さりますよね。のび太に届いているのかはわかりませんけど(笑)

6位 「悪・即・斬」/斎藤一(『るろうに剣心』/和月伸宏) 15.5%
「悪・即・斬」は『るろうに剣心』に登場する、緋村剣心の宿敵の一人である斎藤一の信念。胸を打つセリフとは少し毛色が違うかもしれません。でも必殺技「牙突(がとつ)」を出すシーンで描かれる「悪・即・斬」の文字はこの上ない迫力を生み出します。

6位 「…あまり強い言葉を遣うなよ。弱く見えるぞ」(藍染惣右介『BLEACH』/久保帯人) 15.5%
インターネットをしていると煽り画像としてもよく使われる『BLEACH』の名セリフ。いわゆる中二病の人の心をくすぐるセリフですよね。こちらも仕事中や日常に使ってみたいと思っている方が多いのでは?

6位 「お前はもう死んでる」/ケンシロウ(『北斗の拳』/原哲夫・武論尊) 15.5%
『北斗の拳』といえばケンシロウの「お前はもう死んでいる」というくらい、作品を代表する名シーンのセリフも6位にランクイン。実はこのセリフ、決めセリフのようですが使われたのは一度だけであり、「死んでいる」ではなく「死んでる」が正解なのですよ。

6位 「わが生涯に一片の悔いなし!!」/ラオウ(『北斗の拳』/原哲夫・武論尊) 15.5%
『北斗の拳』に登場する拳王・ラオウの最後のセリフ。ケンシロウの健闘を讃えたのちにすべての闘気を天に放ち、「わが生涯に一片の悔いなし!」と言って絶命するシーン。日本マンガ史に残る名シーンといっても過言ではないのではないでしょうか。

あまりにも名言が多すぎる!

今回ランキングに入ったセリフは誰もが納得の名セリフではありますが、ランキングから漏れたセリフの中にもたくさんの名言があります。

どんな言葉が胸に刺さるかは人それぞれきっと大きく異なることでしょう。これからも胸が熱くなるような少年マンガをたくさん読みたいものですよね。

WRITER

  • 毬藻練子 (まりもねっこ)
  •        

  • 執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! 

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ