そのカーディガン、死んでますよ?ヤバいビジュー付きカーデ編&今年の着こなし

モテモテだったあの頃の、あの服……。いわゆる“全盛期のド定番キメ服”、2019年の今じゃ、もう時代遅れなんです!そんな、もう死んでしまったファッションをプロが華麗にチェンジ!!

流行りを抑えた今ドキアイテムの選び方を伝授しちゃいます。
しかもプチプラ価格ですよ~!

某マンガにちなんで、★7つでアイテムをチェックしました!

(執筆/スタイリスト 森田文菜 イラスト/チャン・モリモト)

今回のアイテム「カーディガン」

ズバリ言わせていただきます。

筆者は……実は……、カーディガンがあまり好きではありません!(笑)

理由は”コンサバ(保守的)”な印象をあたえてしまいがちだから。

どんなにステキなコーディネートを考えたとしても、カーディガンを羽織ってしまうとなんだかこじんまりまとまってしまい、垢抜けない印象になってしまう、ので。

実はプロもおしゃれにコーデすることが難しいアイテムなんです……。

しかし、カーディガンはお好きな人が多い……!

たしかに1枚もっておけば羽織りに日焼け対策にと重宝しますし、春や秋の移行時期に必ずどんなものを選べばよいのかのお悩みを帳消しにしてくれます。

そして朗報!なんと!2019春はカーディガンがちょっとしたトレンドアイテムとして注目されているんですー!!!

ならばぜひとも世の中のカーデ好き女子の皆さんにお伝えせねば……!

というわけでこの春のカーディガンのトレンド&コーデポイントや着こなしの小技を早速ご紹介していきます!

羽織る!というカーディガンの王道的着こなしはもう古い!!!

さて、「トレンド!」と宣言しました、カーディガンですが“どんなデザインのものでもOK”というワケではないことは、これを読んでいるみなさんは薄々お気づきのことかと思います。

今着ていると、ちょ~っとヤバい“カーディガン”の特徴&着こなしは、

・腕、肩、その他身体のラインが出てしまうサイズ感のもの
・背中に羽織り、両腕の部分を胸の前で結ぶ、いわゆるプロデューサー巻きをしている
・前ボタンを全て開けて着ている
・胸元に大きなビジューが付いている

このようなカーディガンをプライベートで着ているというそこのあなた……!

「そのカーディガンはもう死んでいる。」

「えッ!ちょッ!またかよッ……!(顔面蒼白のめるも編集部一同)」

オフィスで防寒対策などで着用するのは許容範囲。

ですが私服でピタピタのカーディガンは今っぽさゼロ。

さらに今まで普通のこととして、おそらくみなさんがしてしまっているであろう、何かの上にカーデをとりあえず羽織るという着こなしが垢抜けない最大の原因なんです……!

2019年最新カーディガンのデザイン&着こなし方はコレだ!

2019年、再び脚光を浴びつつあるカーディガンの特徴、それはズバリ!

・腕回りにゆとりがあり、肩の落ちたゆるいシルエット
・編み目が細かすぎず、ざっくりしているもの
・ボタンを全て閉めてトップスのように着こなす

今年カーディガンは羽織りとしてではなく、「トップスとして着る!」というのが最大のポイント。

今期のファッション全体に言えることですが、シルエットはやはりゆとりのあるものが鉄板です!!!

間違いナシのカーディガンはGUにあり!

お待たせいたしました!これを選べば間違いない!今っぽさ全開のカーディガンを発見!

GUの「コクーンカーディガン」(¥2,490+税)

高見え度:★★★★☆☆☆
今っぽ度:★★★★★★☆
着まわし度:★★★★★★☆

※★の数が多いほど、評価が高い

製品詳細はこちら:https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/313341

ざっくり粗めの編み目で腕周りや身幅にもゆとりあり!

身体をゆるやかに包んでくれるコクーンシルエットでお腹周りが気になる人でも安心!着やせ効果も狙えちゃいます!

カラー展開が豊富なところも魅力的。プチプラなので思い切って明るめカラーをセレクトするのもあり!

特にホワイトは清潔感もあり、男女ともに好感度の高いカラー。春らしさも演出でき、一石二鳥です!!!

どんなボトムスとも意外と合う!万能カーディガンのおすすめコーデ

はじめにもポイントとして言わせていただいた通り、まずは1枚でコーディネートしてほしい今年のカーディガン。襟元が開きすぎていないので、トップスとして十分機能してくれます。

どんなボトムスにも合いますが、丈感が割と短めなのでスキニーよりもストレートやワイドな少しボリュームのあるシルエットのパンツを合わせてバランスをとりました。

フレア、ペンシル、台形など、どんなシルエットのワンピでもOK!

また、ワンピースの羽織りとしてカーディガンを取り入れることも多いのではないでしょうか?

ワンピと合わせても前ボタンを全て閉めて着用すれば今年らしさ満点!

旬なレイヤード風コーデを完成させることができます。

今っぽさをアップさせるなら必殺“抜き襟”プチ着こなしテクを取り入れよ!!!

さらに今っぽさをアップさせるなら、第一ボタンを開けて襟元を後ろに少しずらした抜き襟的着こなし方をリコメンド!

一番下のボタンも開けて上と下でVラインを作るようにするとシャープな印象をプラスでき、細見え効果も。腕もまくり、手首を見せれば華奢見えまで完璧です!!!

はじめに「カーデはニガテ……!」と宣言した筆者も「コレならアリかも……」と密かに購入を決意したGUのカーディガン。

クール派さんもフェミニン派さんも、どんなテイストのファッションにもコーディネートしやすく、これひとつで今年らしさをバツグンに演出できるところも超絶オススメしたい理由のひとつです。

もうダサいなんて言わせない!この春垢抜けカーデデビュー、してみませんか?

WRITER

  • 森田文菜
  •        

  • タレントのメディア出演時、雑誌等レディース・メンズ問わずスタイリングを行うスタイリスト。またwebサイトを中心とするファッションライターとしても活動。テレビ・ラジオ等での解説出演もあり。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ