舞台『アイガク2019』はバラエティ感満載 アドリブに女優たちの素顔が見え隠れ

GirlsNews

2019/3/20 07:30


アリスインプロジェクトによる3月公演『アイガク2019』が19日、池袋・シアターKASSAIで幕を開けた。本番前には報道陣にゲネプロが公開され、遠藤三貴、安城うらら、小夏心愛、北原唯、大場美優佳ら出演者が囲み取材に応じた。

本作は、優れた知能を持つが体力のない調整人類【DB】と、野性動物の強さを持つが知能が低い混合亜人類【ハイブリッド】の2つの種族が対立する10万年後の地球が舞台。彼らを遥か上空から見守る仮想世界・データスフィアで、バラエティ番組を制作するAIアンジーは、対立する彼らを題材にしたリアリティーショーの放送を目論む。

同カンパニーの昨年12月公演『ドナー・イレブン』と同じく、ドラマ内にアドリブによるゲームパートが存在するが、ルールが作品と密接な心理ゲームになっていた『ドナー・イレブン』と比べ、今作のゲームは、お絵描き対決やリズム椅子取りなどバラエティ番組の内容そのもので、ストーリーを離れた出演者の素顔が見どころとなっている。とはいえ、両チームが対抗心を燃やしてゲームが白熱するほど、後半のドラマが盛り上がることは確かだ。

座長の遠藤三貴さんはゲネプロを終えて「ゲームやお芝居の稽古も楽しくて、あっという間にここにいる感じ。本番もこのテンションのままお届けできたら」と手応え十分の様子。稽古を通じて共演者とも打ち解けたようで、特に「役は全く関係なく、大場(美優佳)が好きですね。ノリが良くて慕ってくれる。二十歳になったらお酒を飲みに連れて行きたい」と告白した。

舞台で食いしん坊キャラを演じている天音さんは「たくさん踊って、熱いお芝居をして、とてもお腹が空きました」と笑顔。「夢麻呂さんの演出は、いい意味で脚本からかけ離れて、どんどん広がっていくのがすごく面白い」と稽古を振り返った。椅子取りゲームの練習ではいつもミスしてばかりだと言い、「本番では負けないようにみんなに見守りに来て欲しい」とアピールした。

演出の夢麻呂さんは「一方通行ではなく、お客さんの反応があってこその舞台。初日が明けてからが楽しみです」とキャストに熱い期待を寄せていた。

アリスインプロジェクト『アイガク 2019』

【出演】

天音/安城うらら/遠藤三貴/大澤実環/大野一二三/大場美優佳/大森舞生/國井紫苑/北原唯/香咲和花/児玉ももな/小夏心愛/

柴崎七虹/荘司里穂/高槻実穂/橘はるか/東城希明/中島明子/長谷川麻由/服部美香/増田りあ/水楢日菜/夢月/山下聖良/若松愛里(50音表記)

MC :氏家綾乃/椎名亜音

助手 :音羽奈々/神田緋那

【会場】池袋・シアターKASSAI

【日程】3月19日(火)~ 27日(日)※全12公演

公演詳細(アリスインプロジェクト) http://sgip.jp/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ