「ももち」嗣永桃子さんの現在の様子に驚きの声 「何も変わってない」

しらべぇ

2019/3/20 05:30

(cookelma/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
アイドルグループ「Berryz工房」「カントリー・ガールズ」などで活躍し、「ももち」の愛称で親しまれた嗣永桃子さん。多くのファンに惜しまれながら2017年に芸能界を引退していた。

その後は一切表舞台に姿を見せていないが、17日放送の『カントリー・ガールズの只今ラジオ放送中!!』(ラジオ日本)で明かされた現在の様子に驚きの声があがっている。

■メンバーに「セロリの花束」


この日、メンバーは11日のライブで嗣永さんから「セロリの花束」の差し入れがあったことを報告した。

同グループには「お菓子禁止令」があり、特定の日付や時間以外でお菓子を食べることを禁止。ルールを破った場合は連帯責任としてメンバー全員が嫌いなセロリを食べるのが決まりだ。

しかし、メンバーが増えたり他グループと兼任するなどでルールが曖昧になり、過去の放送でルール撤廃を訴えていた。嗣永さんはラジオでその様子を聞いたようで、「差し入れ持ってきたよ!」と愛のこもったセロリの花束をプレゼント。メンバーたちのルール違反は見逃さなかったようだ。
(画像はカントリー・ガールズ公式ブログのスクリーンショット)

■「普通のセロリじゃないですね…」


嗣永さんの差し入れに、メンバーは「まあもう無言の圧ですよね。『食べろ』という」と威圧感に負けたようだが、「でも優しかった。だってマヨネーズ付いてたんだもん」「ほんとに優しいよね!」と嗣永さんの心遣いを感じたという。

セロリを食べた小関舞は「重みを感じました普通のセロリじゃないですね…。黙っていた分も含め、(罪悪感から)ちょっと多めに食べさせていただいて…」と感慨深い思いになったようだ。

また、18日に更新された山木梨沙のブログでは、そのときのセロリの写真が添えられており、インスタグラムにはメンバーがセロリを食べる様子が投稿されている。

■ファンからは喜びの声


嗣永さんの近況にファンからは喜びの声があがる。

「ももち先輩が、ちゃんと人間界にいてくれてよかったです」

「生存していたのですね! ももちさん、お元気そうでよかったです!」

「ももち生きていた よかった」

「十数年前に俺がももちを好きになった時から何も変わってない。やっぱり、ももちは愛の人だ」

■嗣永さんの引退はいい判断だった?


しらべぇ編集部が全国20~60代の嗣永さんを知っている男女873名に「引退の時期」について調査したところ、約6割が「いい判断だった」と回答。25歳という年齢と引退後に幼児教育の道に進むと明確なビジョンがあったことからこのような結果になったのかもしれない。



また、しらべぇ既報のとおり、約4割が「アイドルは20代が限界だと思う」と回答している。

アイドルとしてストイックな姿勢から「嗣永プロ」と呼ばれることもあった嗣永さん。芸能界を引退してもなお多くのファンが喜びの声をあげることから、いかに支持されていたかが分かる。

・合わせて読みたい→日本人は、アイドルにルックスよりも関係性を求める?新メンバーに必要なのは…

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代ももちを知っている人873名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ