松井珠理奈『SKE48のホームパーティー』で初体験“ゴムパッチン”に「マジで怖い」

テレ朝チャンネル1(CSデジタル)で3月15日に『SKE48のホームパーティー!! 第3弾 おかえり珠理奈!みんな×2で復活祝いだぎゃSP』が放送された。今回、松井珠理奈の完全復活を祝おうと集まったのは高柳明音、斉藤真木子、山内鈴蘭、北川綾巴、松本慈子、後藤楽々、野島樺乃、野村実代、井上瑠夏という面々だ。

そのパーティーで松井珠理奈がゴムパッチンを初体験しており、18日に自身のTwitterで「罰ゲームっていうわけでもなく…まさかのゴムパッチンに驚きすぎてびびりすぎて声も出なかったです」と振り返った。

SKE48メンバーたちがZARDの『負けないで』を歌い手拍子で盛り上げるなか、松井がしっかりくわえたゴムパッチンの片側を北川綾巴が引っ張って伸ばす。

「いくよー! サン、ニー、イチ!」とカウントダウンして手を離した瞬間、ゴムパッチンは松井の顔面にヒット、周囲から「うわー!」「いい音した!」と歓声があがる。

松井はうつむいてしばし言葉が出ず、ようやく口を開くと「サン、ニー、イチがいらなかった」「痛い、来ると分かるとマジで怖い」とぶちまけて笑いを取り戻していた。

彼女は後で動画を見て「顔赤くなってる笑っ こんな日が来るとは」とコメントしており、初ゴムパッチンは忘れられない思い出になったのではないか。

3月17日放送のNHK BSプレミアム『AKB48 SHOW!』ではその松井珠理奈がソロ曲『赤いピンヒールとプロフェッサー』を披露していた。昨年は長期休養もあったが、それをバネにひと回り成長したようだ。





画像は『松井珠理奈 2019年3月18日付Instagram「スタジオ可愛かった JURINA #赤いピンヒールとプロフェッサー」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ