和牛パワーで躍進! カーリング女子を全農が“食”でサポート

OVO


 「そだねー」の商標登録は特許庁に蹴られた。平昌冬季五輪のカーリング女子がつぶやく「そだねー」は誰のものでもない。この結論には多くの人が「そだねー」と得心するのではないか―。

銅メダル獲得はもちろんだが「そだねー」が飛び交うあの“もぐもぐタイム”は、カーリング人気を大いに高めた。試合中の厳しい表情から一転、飾らぬ表情でお菓子やフルーツを頬張る彼女らの姿は、「そだねー」の抑揚の妙と相まってお茶の間の人気をさらった。

テレビのアナウンサーは、彼女らが休憩中何を食べているか事細かに説明した。中継の中であれほど選手たちの“食”が取り上げられる競技もそうそうないだろう。

ちょうど今、デンマークで開催中のカーリング女子世界選手権に出場している日本代表選手はあの“もぐもぐ娘たち(ロコ・ソラーレ)”を破った中部電力の選手だが、この大会でも日本代表選手が食べる“食”に関心が集まっている。

大会期間中、彼女らには、JA全農がロンドンの直営レストランから連れてきたシェフが本格的な和食の夕食、昼食を提供するからだ。白米、みそ汁、漬物の基本に、和牛カツや和牛すき焼き、和牛大和煮ハンバーグステーキなど和牛ずくめの“メイン”が日替わりで振る舞われる。

また日ごろの栄養補給として、精米(無洗米、真空パック)120合、パックご飯60個、みそ汁(ネギなど)60食、まろやか酸味はち蜜梅5箱、にほんのドライフルーツ50袋、国産大豆100%のお菓子「ソイリーツ」180本、冷凍納豆60個、冷凍棒寿司6種60本―の各全農ブランド食品が、JA全農から選手に贈られた。

カーリングは、メンタルが大きく影響するスポーツの一つと言われるが、もぐもぐ娘の好成績から“食”の重要性も忘れてはならない。和牛パワーで力をつける日本代表選手たちの活躍に期待したい。

当記事はOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ