紗栄子が熱弁「男の人も意外と見てるからまつげは大事」

Entame Plex

2019/3/18 13:25



無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV」のAbemaSPECIALチャンネルにて、dejavu×sweet PRESENTS「変身ガールズ~もっときらめく女子になる!~」が、3月16日夜11時から放送された。

本番組では、マスカラ市場で人気を博している「塗るつけまつげ」でおなじみの人気化粧品ブランド「dejavu(デジャヴュ)」と女性誌「sweet」がコラボ。自信を持ってもっと前向きになりたいという女の子をヘアメイクファッションのプロたちが完全プロデュースし大変身させるというもの。

司会にはお笑いコンビ・アルコ&ピースの酒井健太と平子祐希、ゲストには紗栄子、中田圭祐を迎え、参加した女の子2名の変身の様子を見ながら、女性のメイクやファッションについて語った。

番組の冒頭では、ゲストの紗栄子が鮮やかな水色の衣装で登場。司会のアルコ&ピースがロンドンでの生活について質問すると、「寒いですけど、厚着できるから色々なファッションを楽しめます」とお洒落な紗栄子ならではの感想が。

また、メンズノンノでモデルや俳優として活躍する中田もゲストとして登場。オシャレやファッションについてのコメントに、平子の厳しい突っ込みが入る一幕も。和やかな雰囲気の中、番組がスタート。

続いて、雑誌「sweet」の渡辺佳代子編集長が登場し、本企画に至った背景を語った。渡辺編集長は「sweetとデジャヴュさんの “女性をキレイにしたい。前向きな気持ちになってもらいたい”という共通の想いから、今回の企画が実現しました」と話すと、平子は「女性はちょっとしたとっかかりで、本当に変わりますよね」と言い、スタジオの紗栄子も「本当にそう!」と強くうなずきました。



そして、いよいよ大変身する2名の女の子が登場。今回変身するのは、田原紫音さんと桃璃江美さん。どのように変身したいかについて、田原さんは「普段ボーイッシュな格好やパンツスタイルが多いので、かわいい系の服装にもチャレンジしてみたい」、桃璃さんは「実年齢よりも幼く見られることが多いので、今回は大人な感じのファッションに挑戦したい」と話した。

スタジオでは、桃璃さんの声を受けた紗栄子が「意外とないものねだりだったりするんですよね」と感想を漏らしました。

対照的な願望を持つ二人に対して、渡辺編集長は「やりがいがありますよね」と前向きな姿勢を見せ、いよいよ変身企画がスタートした。



初めに、美容室「銀座シェルハ」にてヘアスタイルの変身からスタート。今回二人のヘアーをプロデュースしたのは、sweet編集部美容担当の高田朋美とヘアスタイリストの中川理恵。かわいい印象を目指す田原さんのリクエストに対しては「ガーリーな雰囲気を出すために前髪を作る」という提案。中川は「顔の輪郭に合わせてひし形をイメージしてカットすると、小顔効果が出ます」と話し、田原さんのヘアーを流行りのシースルーバンクで仕上げました。スタジオでは歓声が上がり、紗栄子は「プロってすごい!」と絶賛。

次に、大人っぽい印象を目指す桃璃さんのリクエストに対して、中川は「サイドを前下がりにカットすることで輪郭をシャープに見せ、スタイリングをしたとき動きが出るようなレイヤーを入れる」という提案をしました。全体の長さも短くなり印象がグッと大人っぽくなった桃璃さんに、スタジオの出演者からは驚きの声が上がった。

続いて、ファッションの変身のため、sweet読者からも人気のあるブランド「マーキュリーデュオ」と「ムルーア」のプレスルームを訪問。

sweet編集部ファッション担当の曾禰芽(そねめい)とスタイリストの伊東牧子の協力のもと、二人の願望をかなえるコーディネートを考えた。



紗栄子も「よく着ますよ」と語る人気ブランド。かわいい印象を目指す田原さんには、女性らしい華やかなレースワンピースなどを主役に、ジャケットを合わせることでガーリーになりすぎないカジュアルスタイルを。大人っぽい印象を目指す桃璃さんには、淡い色のトーンで統一し、ワンピースとスカートを重ねてゆるめなシルエットで着こなす、大人なスタイルを提案した。

いつもと違うファッションを体験した二人は大満足の様子。スタジオでも中田から「全然違う!」と新鮮な反応が見られた。また、紗栄子は「プロが背中を推してくれると、“自分に似合うものってこれなんだ”っていう気持ちが表情にも出ますよね」と話した。

最後にメイクの変身。sweet編集部メイク担当の小野寺ありす、ヘアメイクの室岡洋希監修のもと、二人の変身の仕上げとなるメイクを提案。

かわいい印象を目指す田原さんには、「フレッシュガーリー」をコンセプトに、「塗るつけまつげ」ボリュームタイプ(デジャヴュ ラッシュノックアウト エクストラボリュームα)を使い、上下のまつげをしっかりとボリュームアップして愛くるしい目もとが印象的なメイクに仕上げました。目もとはしっかりと印象付けながらも、ツヤのあるベースメイクで印象の強弱にメリハリを付けることで、田原さんの「アイメイクをすると目元の印象が強くなりすぎてしまうことが多い」という悩みを解決した。



続いて、「大人っぽく見せようとしても結局かわいらしい印象になってしまう」という悩みを持つ桃璃さんには、シェーディングでメリハリのある立体感のある顔を演出。目もとには「塗るつけまつげ」ロングタイプ(デジャヴュ ファイバーウィッグ ウルトラロングF)を使い、目尻にしっかりと長さを出して目の横幅を強調する大人っぽいメイクに仕上げました。

スタジオの紗栄子は、「(アイテムの)使い方やのせる場所で印象が変わるから、(この映像を)見ている女の子にも参考になると思う」と話しました。さらに「女子は分かるんですよ、まつげの大事さが!でも男の人も意外と見てると思う。目と目が合った時にも見るし、まつげの力ってすごい大事だと思う」と、メイクにおけるまつげの重要性について熱く語った。

そして、いよいよヘアメイク、コーディネートがすべて完成した二人が登場。変身前に比べて、外見だけでなく表情まで明るくキラキラと輝き内面も大変身した二人の姿に、平子は「これだから気を抜けないね、男子は!」と驚きの表情を浮かべた。田原さんは「こういう自分もいるんだって分かったので、両方チャレンジできる」、桃璃さんは「大人っぽく見せる自分を学んだので、これからに活かせる」と明るい表情を見せた。

二人の変身した姿を見て、紗栄子は「二人から出てくる自信や輝きが衝撃的でした」と話した。

番組の最後に、紗栄子は世の中の女の子に向けて、「女の子はファッションやメイクで本当に変わるので、番組や雑誌を見て“かわいい”を一緒に追求していきましょうね!」と呼びかけていた。

番組の模様は、「Abemaビデオ」にて7日間無料で視聴可能なので、ぜひチェックを。

(C)AbemaTV

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ