北村一輝、かぶき者・徳川宗春役で『大奥』出演!ド派手衣装に「本当に、これを着るんですか?」

テレビドガッチ

2019/3/18 13:00

木村文乃が主演を務める、3月25日(月)放送のフジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』(フジテレビ系、20:00~)に、新たに過去の『大奥』シリーズに出演経験のある浅野ゆう子、北村一輝、谷原章介、葛山信吾の出演が決定した。

『大奥』シリーズ完結作となる『大奥 最終章』は、幕府財政の再建を目的とした享保の改革を行い、「徳川中興の祖」と称され、「暴れん坊将軍」としてもあまりに有名な徳川第8代将軍・徳川吉宗の時代を舞台に、「家族」をテーマに描かれる。主演の木村は、夫・吉宗を献身的に支えた側室・久免(くめ)を、また大沢たかおが吉宗を演じる。

このたび出演が決まった浅野が演じるのは、天英院の叔母・万里小路良子(までのこうじ・よしこ/架空の人物)。万里小路は、吉宗の緊縮政策により賜り金が滞っていることなどに関して天英院に嫌みを言う役どころで、浅野と鈴木が『恋のパラダイス』(フジテレビ系)以来、久しぶりの共演を果たす点も大きな見どころ。

また北村が演じるのは、尾張藩主の徳川宗春。宗春はかぶき者(派手な装束を身につけ、常識を逸脱した行動を取る者)で、緊縮政策の吉宗とは真逆の解放政策をとり吉宗をしのぐほどの人気者。谷原が演じるのは、月光院から、さまざまな面で頼りとされる側用人・間部詮房。そして葛山が演じるのは、「大岡越前」の通称で有名な大岡忠相。今作における大岡は、吉宗からの信頼が厚く、側近として彼に助言をするという役どころだ。

過去の『大奥』シリーズで、大奥総取締を演じた浅野、そして徳川歴代将軍を演じた経験のある北村、谷原、葛山といった、いわば『大奥』レジェンドキャストたちがシリーズ完結作となる『大奥 最終章』でどんな芝居を披露するのかに注目だ。また、竹中直人が吉宗の側近・加納久通を、木下ほうかが第6代将軍・徳川家宣を演じる。さらに「大奥スリーアミーゴス」の鷲尾真知子、山口香緖里、久保田磨希も出演、彼女たち3人は今回の出演で『大奥』全シリーズ出演を果たす。

以下に、新たに決まったキャストたちのコメントを紹介する。

<浅野ゆう子 コメント>
――『大奥』シリーズの思い出は?

『大奥』(2003年6月~8月)に出演させて頂くにあたって、“ヒール役をやってほしい”とわざわざ林監督と保原プロデューサーから、直接ご丁寧にオファーを頂いたことをよく覚えています。それまで、ほぼヒール役を演じたことがなかったので、面白そうだわと思い、引き受けさせて頂きました。私自身、フジテレビさんにお世話になった“フジっこ”という気持ちが強くありますので、フジテレビさんが『大奥』という新しい時代劇にチャレンジされるのであれば、是非参加させて頂きたいと考えました。

――今回、演じられた万里小路良子について

私のわがままではあるのですが、『大奥』では奥女中以外、演じたくないとお願いしてきました。今回は公家役ということで少し残念ではありましたが、私としては『大奥』はオリンピックのように参加することに意義があると考えていますので(笑)、お声をかけて頂きありがたく思います。初めての公家役ですので、大きなカツラや長い袴といった公家の扮装が似合っているかどうかは不安です(笑)。

――『恋のパラダイス』(フジテレビ系/1990年4月クール)以来、鈴木保奈美さんと久しぶりの共演となりましたが?

保奈美さんは、おいくつになられてもお変わりなく美しく、またかわいいお声も健在でした。そこに貫禄や風格も備わっていらして、本当にステキな女優さんだなぁと改めて感じました。

――浅野さんにとって『大奥』シリーズとは?

20代の頃から“トレンディードラマ”に出演させて頂いて、フジテレビさんに育てて頂きましたが、40代に入り、“女優として、果たしてこれからどういう風に生きていこうか?”と考えていた時期に、『大奥』にお声がけ頂きました。『大奥』は、40代になった“新しい浅野ゆう子”を作って頂いた作品だと思っておりますので、本当に感謝しています。

――ドラマを楽しみにされている方々へのメッセージ

“最終章”と銘打たれていますが、最初の『大奥』から参加させて頂いている私にとっては、『大奥』という作品は、これからも若い世代の方々が引き継いでいける作品だと思っています。林監督に今後も『大奥』を作って頂けることを、私自身が一視聴者として楽しみにしております。『大奥 最終章』は、“最終章”というよりは“新たなる『大奥』の幕開け”となる作品になると思います。視聴者の皆さまにも“新たな『大奥』”を楽しんで頂きたいです。

<北村一輝 コメント>
――『大奥』シリーズの思い出は?

林監督をはじめ、スタッフの方々がいつも変わらず、家やふるさとに帰ってきたという感覚ですね。東映京都撮影所は、いつも温かく迎えて下さるので、もちろん撮影のために伺っているのですが、『大奥』シリーズは仕事というよりも家に帰るという気持ちが強いかもしれません。

――今回、かぶき者の徳川宗春を演じられましたが?

まず衣装合わせでのド派手な衣装にビックリしました(笑)。宗春がかぶき者であったことは知っていましたが、想像以上の衣装に“本当に、これを着るんですか?”と(笑)。キセルも長くて重くて。劇中でキセルを吸っていますが、長い分、ものすごく肺活量が必要でした(笑)。それもこれも、林監督の愛情かなと感じていて、うれしかったです。

――北村さんにとって『大奥』シリーズとは?

最初の『大奥』(2003年6月~8月)で抜てきして頂いて、その後すぐに『あなたの隣に誰かいる』(2003年10月クール)にも出演させて頂いて、林監督がテレビの世界における恩師ですので、本当に感謝しています。もちろん、『大奥』という作品自体にも愛情はありますが、林監督に対しての思いと信頼感が大きいです。今の自分があるのは、林監督のおかげでもありますので、感謝の気持ちをお伝えしたいと思っています。

――ドラマを楽しみにされている方々へのメッセージ

個人的には、今回の『大奥 最終章』は『大奥』シリーズの“真骨頂”だと思っています。これまでの歴史が積み重ねられて、“大奥”という華やかな設定以上に、豪華できらびやかな撮影現場でしたので、そういう部分も含めて楽しんで頂けたらうれしいです。

<谷原章介 コメント>
――『大奥』シリーズの思い出は?

柳沢吉保役の北村一輝さんとずーっとイチャイチャしてました(笑)。あの頃はまだ京都の東映に御鈴廊下が設置されていた1ステージがあったんですよね。あのセットは見ものでした。

――今回、演じられた間部詮房について

切れ者ではありますが、今回のシリーズでは出し抜かれてしまいます。色と頭を使ってのし上がったしたたかな男というイメージです。

――谷原さんにとって『大奥』シリーズとは?

僕にとって、役者としての大きな転機となった作品です。男性優位の武家社会にある女の園、だからこそより強く女性の業が花開く魅力的な世界です。

――ドラマを楽しみにされている方々へのメッセージ

皆さんに愛して頂いた大奥が最終章として帰ってきました。今度の大奥の女たちも、美しいですよ!

<葛山信吾 コメント>
――『大奥』シリーズの思い出は?

オファーを頂いた際は、フジテレビさんが京都で時代劇を作るということで面白い試みだと感じていました。当時は、京都で時代劇を撮影するということに対して正直怖さもあったのですが、林監督があの大きい体と大きい声で(笑)、ぐいぐいと撮影の世界に引き込んで下さったことが印象深いです。毎回、撮影の際には緊張がありましたが、何より林監督に任せておけば大丈夫だという安心感がありました。

――今回、演じられる大岡忠相について

これから撮影なので、林監督のイメージをうまく取り込んで演じたいと思っています。大岡越前というと加藤剛さんのイメージが強く、清廉潔白なキャラクターという印象ですので、その役を演じさせて頂けるのは光栄ですし、今後もし機会があれば違う作品でも演じてみたい役柄です。

――葛山さんにとって『大奥』シリーズとは?

『大奥』以外でもいくつか時代劇には出演させて頂いていますが、将軍役を演じたのは『大奥』だけですので、そういう意味では自分のキャリアの中でも大きな意味を持っています。今、振り返ってみても、あれだけ重要な役柄をよく自分に任せて頂けたなと感じていますし、本当に貴重な経験をさせて頂きました。

――ドラマを楽しみにされている方々へのメッセージ

今回の『大奥 最終章』は、『大奥』シリーズの面白さが全て詰め込まれた作品です。3アミーゴスさんのふと笑えるシーンもあれば、女性同士の激しいバトルもある中で、作品のテーマにもなっている家族愛がしっかりと描かれていて、とてもバランスの良い内容となっていますので、是非楽しみにして頂きたいです。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ