梨花、佐々木希、元木大介……事業に失敗してしまった芸能人4人!「正直高すぎた」「人材引き抜かれ…」

TOCANA

 新たな事業に手を広げる芸能人は後を絶たないが、思うようにいかず苦い思いをしてしまうこともしばしば。モデルの梨花(45)はセレクトショップ『Maison de Reefur』のプロデュースを手掛けていたものの、全店閉店することになってしまった。 梨花はInstagramで「MAISON DE REEFURは年内をもちまして全店舗、閉店させて頂くこととなりました事をご報告させて頂きます」「私の力不足も含めてこの大きなビジネスを保つことが、とても難しいと感じるようになりました」と報告。閉店の理由について「女性セブン」(小学館)の取材では、「『カワイイ』っていうものより『美しい』に惹かれるようになって」と語っていた。彼女の趣向が変わったとのことだが、世間では「本当にそれだけで店をたたむのか?」「経営が破綻してたんでしょ」との声が。また「もし本当だとしたら従業員がかわいそう」などとも言われている。 今回はそんな梨花のように、事業に失敗した芸能人を紹介していこう。●元木大介 まずはもとプロ野球選手の元木大介(47)。以前放送された『坂上&指原のつぶれそうなのにつぶれない店』(TBS系)によると、彼は経営していた“元福”というラーメン屋を2軒も潰してしまったという。店が潰れた理由は、“ラーメンの味が変わった”から。ラーメンを作っていた店長が味を変えてしまい、元木は「戻せ、わからなかったら本店に行って聞いてこい」と言い続けていたそうだ。 しかし店長は一向に改善せず、元木は「そいつ頑固なんですよ……」とお手上げ。ちなみにラーメン屋を経営していた時代に一番“おいしかった仕事”は物産展で、「お金を払わなくていいし、お客さんもいっぱい呼んでもらえるんでお店はすごく助かる」と告白。また有名人だったため待遇が良く、「写真とか握手してるだけでよかった」とも語っていた。●ヒロミ お次はタレントのヒロミ(54)。彼は「ハチオウジ工務店」という会社を営んでいることで有名で、芸能活動だけでなく実業家としての手腕にも注目が集まっている。しかしそんな「ハチオウジ工務店」の裏で、ひっそりと失敗してしまった事業も。以前『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)では、「ゴルフのレッスンジム」経営の失敗談を告白していた。 ヒロミは室内練習場でゴルフを学べるジムを営んでいたのだが、7年前に廃業。当時を振り返り、「ゴルフを教わる人たちって、そこそこの人たちなんだよね。それで教える人もうまい訳じゃん。そうするとレッスン場じゃなくて、『個人的に教えてくれ』ってゴルフ場に行き始めちゃう」と語っている。どうやらトレーナーを引き抜かれてしまい、スタッフを押さえておくことが困難になったとのこと。そのためサクっと事業を諦めたのだが、「やめる時は早い方がいい」「1年くらいで辞めちゃいました」と成功の秘訣を明かしていた。●佐々木希 最後はモデルや女優として幅広く活躍する佐々木希(31)。彼女は「Cotton Cloud」というファッションブランドのデザイナーとして活躍していたが、2012年に休業。その理由について、「次のステップに進まなくてはいけないこの大切な時期に、芸能活動と、デザイナーのお仕事の両立がだんだんと難しくなりました」とコメントしていた。 しかしネット上では「単純に売れなかったからじゃないの?」「正直どれも高すぎたし、佐々木希しか似合わないような服ばかり」「正直に“失敗した”って言えばよかったのでは?」といった声が。ちなみに佐々木はその後もデザイナーとして活躍しており、2015年には「garden by Valmuer」というブランドとコラボしている。

当記事はTOCANAの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ