カルロス・ゴーン登場の10年前、日産自動車がいまだイケイケだった“昭和最後”の7日間


 あらゆる事象に“平成最後”が冠せられたり、新元号の発表方法に関する報道があったりと、約30年ぶりの改元に対する関心が高まっている。平成は本年(平成31年)の4月30日をもって終わり、その前後は空前の10連休になるという。

ところで、その約30年前――昭和から平成への改元の直前・直後の日本には、どんな風景が広がっていたのだろう?

その前に整理しておくと、昭和は1989年(昭和64年)の1月7日に終わり、平成は同年の翌1月8日に始まっている。つまり、“昭和64年(の1月)”はわずか7日間、そして“平成元年の1月”は24日間しかなかったわけだ。

バブル崩壊のきっかけとなった、当時の大蔵省による総量規制の開始は翌平成2(1990)年の3月のこと。つまりこの時期は、まさにバブル絶頂期である。そんな折りに“イレギュラーな暦”を経験することとなったこの1989年の最初の1カ月を、芸能、スポーツ、娯楽などの分野を中心に振り返ってみたい。それは、平成31年の視点から眺めてみると、実に興味深い事象の宝庫なのだ。

当時はバブル絶頂期だったこともあり、昭和天皇の崩御により消費活動が極端に停滞するといったことはなかった。また、新しい元号のスタートを祝う空気も生まれ、それと反比例するかのように自粛ムードは比較的短期間で退潮していく。

昭和64年の1月を検証するシリーズの第3回である本稿では、世の中が徐々に通常営業の状態に戻っていった数週間の出来事をクローズアップしてみよう。

●空前絶後のバンドブームがすさまじかった

1980年代終盤の音楽界では、過去に例のないバンドブームが起きていた。リスナーの数が拡大したためか、次々にデビューする新人バンドのみならず、すでにデビューしていたバンドも続々とブレイク。専門誌がいくつも創刊され、CMにバンド系ミュージシャンが出演するケースも増えた。また、バンドに憧れ、楽器を手に取る若者も急増していた。

全国的に音楽ライブの開催が熱を帯びており、その総本山ともいえる日本武道館では、本シリーズ第2回で述べた爆風スランプのように、人気バンドの2デイズ、3デイズの公演が頻繁に行われている。平成最初の1月には、レッド・ウォーリアーズ(16~18日)、BUCK-TICK(19~20日)、プリンセス プリンセス(23~25日)が複数日ライブを開催した。

もう1点付け加えておくと、タイトルにいち早く新元号を引用した深夜番組『平成名物TV』(TBS系)の1コンテンツとして、『三宅裕司のいかすバンド天国』がスタートするのは2月のこと。この番組のヒットは、バンドブームにさらに拍車をかけていく。

●バブル景気に乗った日産自動車がイケイケだった

傘下のサッカーチームが昭和最後の天皇杯で優勝した日産自動車はこの時代、バブル景気に乗り、本業でも勢いづいていた。

高級車のY31型「シーマ」、“ナンパカー”or“デートカー”といわれた「S13型シルビア」、パイクカー(スタイリングに特徴のある車種)の第1弾として企画された「Be-1」、などヒット車種を続々輩出。そして、平成元年1月15日には、パイクカーの第2弾としてレトロ風の「パオ」、さらにカタツムリのようなデザインの「エスカルゴ」を発売している。

同社が経営難からフランスのルノー社と資本提携し、カルロス・ゴーンが最高経営責任者となるのは、それから約10年後のことである。

●“非ジャニーズ”の大人気アイドルが非業の事故死

昭和62年(1987年)、田原俊彦、近藤真彦、シブがき隊、少年隊、この年デビューし爆発的人気を得た光GENJI、さらにデビュー予備軍として男闘呼組、少年忍者(のちに忍者)が控えていたジャニーズ事務所は、すでに芸能界において強い影響力を保持。そのため、他事務所に属する男性アイドルがブレイクすることは極めて困難な環境にあった。なお、チェッカーズ、吉川晃司がアイドル的な人気を博して売れたのは、それより数年をさかのぼる、光GENJI登場前の話だ。

そんな頃、非ジャニーズの男性ソロアイドルが、デビュー曲をオリコントップ10圏内に送り込むという快挙があった。

高橋良明は、昭和60年(1985年)に12歳で出演したテレビドラマ『うちの子にかぎって2』(TBS系)で注目され、昭和62年(1987年)に『オヨビでない奴!』(TBS系)の主演に抜擢された若手俳優だった。人気の高まりを受け、同年11月に『天使の反乱』で歌手デビューし、この曲はオリコンで9位というヒットを記録する。さらに翌年にかけて、第2弾、第3弾シングルもオリコン10位圏内に。これは男性アイドル史に残る快挙中の快挙といえた。ただし、歌番組への出演機会はほとんどなく、『ザ・ベストテン』(TBS系)のランキングではベスト10入りしていない(あるいは“忖度”が働き、させていない?)。

児童劇団の出身の高橋は、本業の俳優業も順調で、昭和64年元日に放送が始まったNHK大河ドラマ『春日局』に、主人公の幼少期の兄役でキャスティングされていた。

そんな矢先のことだ。1月23日、突然、彼の訃報が流れたのである。

1月5日の夜、高橋は神奈川県内を中型オートバイで走行中に、人身事故を起こし、自らも駐車中の自動車に激突。病院へと搬送されたが、23日になって帰らぬ人となったのだ。まだ16歳だった。

なお、被害者は大腿骨を骨折する重症。高橋は普通自動二輪車の免許を取得していなかったとされている。

『春日局』はすでに収録済みで予定通り放送。2月末から放送のテレビドラマ『ツヨシしっかりしなさい』(日本テレビ系)への主演が決まっていたが、こちらは、当時はSMAPに属していた現・オートレーサーの森且行が演じることとなった。

●死後の世界を描いたトンデモ映画が大ヒット

昭和63年末に封切られた、昭和最後のお正月映画は、洋画がアニメと実写の合成作『ロジャー・ラビット』、エディ・マーフィ主演の『星の王子 ニューヨークへ行く』、ロバート・デ・ニーロ主演の『ミッドナイト・ラン』など。

邦画は、東宝が光GENJI主演の『ふ・し・ぎ・なBABY』&『…これから物語 ~少年たちのブルース~』、東映は人気シリーズ最終作『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇』&長山洋子主演の『恋子の毎日』、松竹が『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』&『釣りバカ日誌』(第1作)といったラインナップであった。

一方、平成最初の正月第2弾映画(年明け公開)として封切られたのは、洋画ではドルフ・ラングレン主演の『レッド・スコルピオン』、ジョン・カーペンター監督作でのちにカルト映画扱いを受ける『ゼイリブ』など、B級テイストに溢れた作品だった。

この傾向は邦画にも存在した。1月14日には、“霊界の宣伝マン”を自称していた俳優の丹波哲郎が原作・脚本・総監督を手がけた『丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる』が公開されている。B級感あふれるこの作品は、まさかの大ヒット。のちにシリーズ第2弾、第3弾も制作された。

1月21日公開の和製ホラー映画の『スウィートホーム』は、後のJホラーとは文脈が異なる、伊丹十三製作総指揮作品(監督は黒沢清)。バンドブームという時代背景もあってか、レベッカのボーカリスト・NOKKOがヒロインを演じている。同作は訳あってDVD化、ブルーレイ化されておらず、現在では視聴が極めて困難な幻の作品であることも付け加えておこう。

それにしても現代の視点から見ると、『丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる』というタイトルはなかなか強烈だ。昭和の末期なら確実に改題が検討されただろう。しかしこのタイトルにゴーサインが出たということからも、自粛ムードも、平成が始まると早期に薄まったことがわかる。
(文=ミゾロギ・ダイスケ)

●ミゾロギ・ダイスケ
ライター・編集者・昭和文化研究家/映画・アイドルなど芸能全般、スポーツ、時事ネタ、事件などを守備範囲とする。今日の事象から、過去の関連した事象を遡り分析することが多い。著書に『未解決事件の昭和史』(双葉社)など。

当記事はビジネスジャーナルの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ