末期がんの母、結婚する娘へ思いを込めたウエディングシューズを贈る(英)

今年の夏に挙式を控えている女性が、亡き母親から思わぬサプライズを受け取った。娘の結婚式当日まで命が持たないだろうと予期した末期がんの母親が、娘のウエディングシューズに素敵なメッセージを残したのだ。『BBC News』『Metro』などが伝えている。

英レスターシャー州ギブワース・ボーチャンプに住むエマさん(38歳)は2016年に恋人リチャードさんと婚約し、今年8月に挙式を控えていた。

ところが婚約から1か月後、エマさんの母親が末期の肺がんであることが発覚した。エマさんは母親に自分の結婚式の日まで生きていてほしいと願っていたが、その望みは叶うことなく2017年に帰らぬ人となってしまった。

亡き母後、悲しみに耐えながら挙式の準備を進めてきたエマさんだったが、今年の3月9日に思いもよらないサプライズを受けた。この日、注文していたウエディングシューズが郵送で届いたのだが、靴の裏には亡き母からのメッセージが綴られていたのだ。

「あなたの結婚式に、何かプレゼントをしたいと思っていたのですが、この靴をプレゼントすることにしました。どうか素晴らしい結婚式になりますように。たくさんの愛とハグを込めて。母より」

実は、このサプライズを婚約者のリチャードさんは知っていたという。エマさんの母親は自分の余命が長くはないと悟った時に、こっそりと注文先に連絡をしていた。この靴をカスタマイズしたオンラインショップ「Lace and Love」の経営者アマンダ・ウェイズさんは、エマさんの母親から連絡があったことを振り返り、このように語った。

「最初の注文から数週間後に、エマさんのお母様からメールを頂いたんです。そこには『自分はがんで、娘の挙式には出席できそうにない。娘の代わりに靴の代金を支払いたい』とあったので、私が『もう代金の半分は頂いています』と話すと、『私に全額支払わせてほしい。娘が靴を受け取った時に、そのお金を返金してやってもらえないか』と言われたのです。彼女の口調から、もう長くはないのだと悟りました。式に出席してほしいと願っていたエマさんの気持ちをお母様は知っていただけに、靴の裏に書かれたメッセージでもって天国からエマさんの結婚式を見守りたいという気持ちがあったのでしょう。エマさんにはまるでお母様とヴァージンロードを歩いているかのように、この靴を履いて穏やかな気持ちで挙式を迎えて頂きたいと願っています。このような素敵なサプライズギフトを手掛けることができて光栄です。この一足は、私の中でも最も感動的な作品と言えるでしょう。」

亡き母からの素晴らしいサプライズを受けたエマさんは、次のように話している。

「母がいなくなって、結婚式の準備をするのは本当に辛いし、何度も涙しました。今回、母からのプレゼントを貰って本当に驚きました。箱から片方の靴を引っ張り出した時に、メッセージに気付いたのですが、まさか母からだとは思ってもいなくて…。母がこんなふうにギフトを残してくれたのだと知り、涙が溢れて、嬉しいショックで声になりませんでした。母は肺がんと診断され余命1~2年と宣告された後、家族のみんなに手紙を綴っていました。でも私への手紙は、母の時間が足りずに書けなかったようで、貰うことができなかったのです。だからこの靴は、私にはとって特別なギフトなのです。」

エマさんがこの出来事をFacebookに投稿すると、多くのユーザーからサポートのメッセージが届けられたという。

画像は『BBC News 2019年3月14日付「Dying mum’s secret message on daughter’s wedding shoes」(@LACEANDLOVESHOES)(EMMA)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ