舞台『十二番目の天使』開幕~井上芳雄が人間の希望と再生の姿を描く

SPICE

2019/3/17 21:04


井上芳雄主演の舞台『十二番目の天使』が、2019年3月16日(土)東京・シアタークリエで開幕した。アメリカの自己啓発書作家として有名なオグ・マンディーノが手掛けた小説「十二番目の天使」が初めて舞台化されるにあたり、脚本は笹部博司、演出は鵜山仁が務めた。
写真提供:東宝演劇部
写真提供:東宝演劇部
写真提供:東宝演劇部
写真提供:東宝演劇部

ビジネスで大きな成功を収め、故郷に戻ったジョン(井上)は幸せの絶頂にあった。人々に英雄として迎えられ、新生活を始めようとした矢先、妻のサリー(栗山千明)と息子のリック(大西統眞・溝口元太※Wキャスト)を交通事故で失う。

二人のいない世界に絶望したジョンは、絶望のあまり人生に幕を下ろそうとした時、幼馴染のビル(六角精児)が訪ねてくる。ビルは地元のリトルリーグのチーム監督を引き受けてくれるよう、ジョンに頼みに来たのだった。
そのチーム、エンジェルスの監督を引き受けることにしたジョンは、ティモシー(大西統眞・溝口元太※Wキャスト)という少年と出会う。十二番目のメンバーとしてチームに選ばれた彼は体が小さく、運動神経も悪かったが、決してあきらめることなく人一倍練習に励んでいた。そんなティモシーにリックの姿を重ねたジョンは、チームの練習とは別に、ティモシーに個人練習をつけることを提案する―。
初日前日に行われたゲネプロの模様をレポートしよう。なお見学したゲネプロではティモシー役を溝口が演じていた。

写真提供:東宝演劇部
写真提供:東宝演劇部

一面青空が広がる舞台の清々しさとは真逆に、光も入らないようなジョンの書斎はあたかも妻子を無くしたジョンの絶望しかない胸の内のよう。そこでジョンを演じる井上はまるで朗読するように心境を語り、さらには亡くなった妻の幻に本音をこぼす。これまで様々な役を演じてきた井上だが、ここまで陰鬱なスタートを切る役はおそらく初ではないだろうか。そしてリトルリーグのメンバー・少年ティモシーに亡き息子を重ねて少しずつ生気を取り戻していくジョンの心の機微を井上は丁寧に丁寧に演じていた。
写真提供:東宝演劇部
写真提供:東宝演劇部
写真提供:東宝演劇部
写真提供:東宝演劇部
写真提供:東宝演劇部
写真提供:東宝演劇部

ジョンを取り巻く人々も皆愛を持って彼を支える。
ジョンを半ば強引に連れ出そうとするビルは、あえて「お前のため」ではなく「困っている俺のため」であることを強調しながら、ジョンを日の当たる場所へと連れ出す。幼馴染として、また傷ついた人間に対する本当の優しさもって接するビル役を六角が嫌味なく演じ、またジョンの家の掃除をするお手伝いさんローズ、さらには亡くなった妻サリーの幻も言葉を選びながらもジョンに前進を促す。ローズ役の木野花、サリー役の栗山千明が紡ぐ言葉はどれも愛にあふれていた。


写真提供:東宝演劇部
写真提供:東宝演劇部

なにより、リトルリーグで出会ったティモシーがどこまでも前向きで、何度失敗してもあきらめない姿を見せる度に、ジョンの心が昨日より今日、今日より明日と生きる力を取り戻していく。ジョンにとっての癒しの天使的存在となるティモシー役を、溝口は自ら光を放つように笑顔を振りまきながら好演していた。

本作を「希望の物語」と語る井上と「大切なメッセージが入っている作品」と表現する栗山。最後に一曲だけ披露する井上の歌声は、観る者の心を浄化する力に満ち溢れていた。何かに傷つき、絶望を感じた事がある人、今まさに嵐の真っ只中という人にはぜひ一度観ていただきたい希望と再生の物語だった。

取材・文=こむらさき  写真提供:東宝演劇部

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ