チョコプラ長田、和泉節子と初対面でパニック ものまねには意外な反応

クランクイン!

2019/3/17 18:30

 お笑いコンビ・チョコレートプラネットが、14日放送の『ぐるぐるナインティナイン2時間SP』(日本テレビ系/木曜19時)に出演。狂言師・和泉元彌の母親・節子さんから、温かいエールを送られる一幕があった。

【写真】北川景子、新垣結衣、上戸彩「実際に会ったら本当にきれいだった芸能人」

この日のゴチバトルの舞台は、アメリカ大統領も訪れたという鉄板料理の名店。設定金額について羽鳥慎一アナから「あの方に発表していただきましょう」と呼びこまれたのは、まさかの節子さん。「そろりと参ろう」と言いながら会場にやってくる彼女に、日ごろ息子・元彌のものまねをしている長田庄平は「ええっ!! ちょっとえ? えっ? えーーーーーっ!?」と大パニックに。

続けて節子さんは扇子を広げ、そこに書かれた設定金額を発表していたが、初対面の長田は素に戻り、「金額が入ってこない…」「初めて…初めて…初めて…初めて…お会いするんですけど」と超びっくり。

長田が元彌のものまねをしていることについてどう思っているのか聞かれた節子さん。最初は「ちょっとイントネーションが違うな」と思ったそうだが、長田の努力の賜物なのか、「本当によくお似ましになられまして」と、息子に似てきていると率直な感想。さらに「(狂言は)お公家さんの時代からのものですから、壊れやすいですから、どうぞ大切に扱ってください」と温かいアドバイスを送った。

これにはさすがの長田も恐縮。「そろり、そろりと使います」と宣言すると、節子さんからは「結構でございます」と快い返事が。その好反応に長田は大喜び。千鳥ノブは「本人公認は聞いたことあるけど親公認はない」と驚いていた。

ところがその後、実際に長田による元彌のものまねを目にした節子さん。「点のつけようがございません」と採点不能を言い渡し、まさかのダメ出し。「私のお流儀の発声法と違いますから。言葉は正確に聞いていただかないと」「和泉流とは申し上げられない」と、芸事への厳しい姿勢を見せていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ