ブラ、結婚指輪にスカーフ…トイレに流さないよう鉄道会社が注意 イギリス

クランクイン!

2019/3/17 19:00

 イギリスの鉄道会社ヴァージン・トレインズは、誤った使用法により毎日トイレ4基が使用停止になっていると発表した。つまり、毎年1万8000時間のトイレ使用時間が失われ、毎年18万ポンド(約2485万6799円)の修理費がかかっているということになる。海外メディアSkyNewが伝えた。

【写真】実は中に人がいた! ロシアのAIロボット

トイレで流されたものとしては、ブラジャー、メガネ、結婚指輪、おむつ、サッカーのスカーフなど。またトイレの詰まりの90%以上はウェットテッィシュによるもので、トイレに流すことができると表記されているものですら詰まりを起こしていたという。

ヴァージン・トレインズの車両およびエンジニアリング長のマイケル・ジャックスは、「ブラジャーを見つけた時には、思いがけないものだったのでみんなで笑いました」とコメント。「しかし、これは真剣な問題です。お客さまにとって非常に影響があることですので」「ゴミ箱は設置されています。トイレに流すのは3Pだけ、つまりPee(おしっこ)、Poo(うんち)、Paper(紙)のみであるということをお客様に周知していきます」と加えた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ