爆問・太田、ピエール瀧容疑者に「ルール違反」も持論「芸術は悪い面と良い面を引き離せない」

 お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(54)と太田光が(53)がTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜後1・00)の生放送に出演。麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)について言及した。

 田中が「このニュースについては、TBSラジオ各番組のMCやパーソナリティーが思いを述べてきましたが」と切り出すと、太田は「伊集院(光)なんかは売れない頃からの友達だからね。伊集院と会ったけど“何とも言えない気持ちだ”って言ってたね。だから、責任は重いよね」とコメント。

 「ルール違反はルール違反だからね」という太田は「だからといって、いい人ではなかったということでもない。その辺は難しい話なんだけど、道徳的な表現だけが人を感動させるということでもなくて」と持論も展開。

 「例えば、太宰治や三島由紀夫なんかの小説は、学校で命の大切さを教えるために使われているのに、その人たちの最期はどうだったかというと自殺とかしているわけで。太宰は心中未遂なんか何度もするような人だったけど、そういう人の表現が心を打ったり、生きる希望を人に与えたりする。逆にいえば破滅に導くこともあるかもしれないが、芸術は悪い面と良い面を引き離せない。どうしても引き離して考えようとするけど、同時にあるからこそ優れた芸術であって。“善と悪”という考えも誰にとっての“善と悪”というもので変わってくるんだけど…」と語った。

 過去の薬物依存症から立ち直った歌手のエリック・クラプトン(73)の名を挙げて「エリック・クラプトンは更生施設を自分でつくって、いろんな人に立ち直る機会を与える活動をしているので。今後については彼次第ですね」と更生を願った。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ