ブルゾンちえみ、小学1年の頃の写真を公開し子ども達へメッセージ「やりたいことを今決めなくていい」

AbemaTIMES

2019/3/17 17:40


 お笑いタレントのブルゾンちえみが15日に更新した自身のアメブロで、小学1年生の頃の写真を公開し、子ども達へのメッセージをつづった。

ブルゾンちえみ公式ブログよりスクリーンショット

この日、ブルゾンは「やれやれ、って感じの私の小1時代の写真」とコメントし、自身の小学1年生の頃の写真を公開。続けて、「よく熱を持って語り出してしまうこと、というか、なんか放っておけないことの中の1つに、こどもたちの未来、ってのがあります。」と明かした。

ブルゾンは「若者たち、子どもたちからの将来の相談がよくある」と明かし、「こんなにも悩んでる子たちがいるのか!」と思うといい、「その子たちに、一人一人返事を返してあげたくなる。その悩んでる気持ちがわかりすぎるから」とつづった。

子ども時代に「将来のことは、大人になってから決めればいいと思って生きてた」というブルゾンは「流れるままに小学校、中学校と進み、高校も、将来とか関係なくなんとなく進学校に進んだ」と明かし、高校生の時点でも「「自分の本当にやりたいことってなんなんだ」ってことに真剣に向き合わず「大学の4年間で決めよ~」という安易な選択をした。」と振り返った。

そして、「決まらなくても教員免許あればなんとかなる」と考え「教育学部」に進んだものの、「将来のこと」に大学時代で向き合うことになったというブルゾンは「悩んだし、苦しんだ。結局大学を辞めた」と明かした。

自身の経験を踏まえ「これからの未来へ輝く若い諸君たち子どもたち!みんな、やりたいこと、考えてるかい~~?? やりたいことを今決めなくていい!ただ、考えたり、調べたり、興味を持つだけでいい!やりたいことを途中で変えてもいい!変わるもんだし!」と子ども達へメッセージを送った。

ブログの最後には「私ももう大人になっちゃったけど、大人になった今でも、その都度、やりたいことをやりたいなあと思います。やりたいことを、やれるのがいいよね。」と思いをつづった。

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ