17日関東 午後は空模様の変化に注意

日直予報士

2019/3/17 12:59

きょう(17日)も、関東地方では大気の状態が不安定です。急に降りだす雨や落雷、突風、ひょうなどに注意して下さい。

●まとまった雨雲 東へ進む

きのう16日(土)は、関東地方を気圧の谷が通り、昼頃までは日が差したものの、夕方は所々で雨が降りました。きょう17日(日)も、別の気圧の谷が関東地方を通過する見込みで、再び大気の状態が不安定になりそうです。午前中は中国地方や近畿、北陸、東海を中心に雨雲や雪雲がかかって、山陰の一部では雨脚が強まりました。
現在、まとまった雨雲や雪雲は、東へと進んでいて、すでに関東の山沿いの一部にかかりはじめました。関東地方では、このあと雨の範囲が次第に広がっていきそうです。いま、空を見上げて雲一つない所でも、突然暗くなって雨が降りだしたり、雷が鳴ったりする所がありますので、急な雨や落雷、突風、ひょうなどに注意して下さい。

●夕方は広く雨に

気圧の谷の通過は、夕方から夜にかけてとなる見込みです。このタイミングで、関東地方では広い範囲で雨が降るでしょう。
天気分布予報(15時~18時)では、静岡県から千葉県にかけてと、茨城県を中心に雨を予想しています。長く降り続くような雨ではありませんが、一時的にザッと雨脚が強まる可能性もあり、傘がないと濡れてしまうくらいでしょう。雨具を忘れて外出された方は、雨宿りがよさそうです。北部では南部に比べると雨や雪の降る範囲は狭いものの、急な天気の変化に注意して下さい。各地とも夜になると雨は次第にやみますが、風が冷たく感じられるでしょう。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ