『仮面ライダーシノビ』メインビジュアル公開、"超忍POW!"で三つ巴の忍者大戦


特撮ドラマ『仮面ライダージオウ』のスピンオフ作品として、「東映特撮ファンクラブ(TTFC)」で配信が決定している『仮面ライダージオウ スピンオフ RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』のメインビジュアル、特報が公開された。

『仮面ライダージオウ』の第17話と第18話で、2022年の未来の仮面ライダーとして現れた仮面ライダーシノビ/神蔵蓮太郎(演:多和田任益)。『手裏剣戦隊ニンニンジャー』にてキンジ・キタガワ/スターニンジャーを多和田が演じていたこともあり、「忍び」繋がりでも話題を呼んだ。

『RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』は、そんな仮面ライダーシノビ/神蔵蓮太郎を主人公に、TTFC完全オリジナル新作仮面ライダー作品として配信。メインビジュアルでは、「超忍POW! 忍者ライダー大戦2022」というキャッチコピーとともに、仮面ライダーシノビが中央に。加えて、今作の配信にあたって、新登場するオレンジ色の仮面ライダー、仮面ライダーハッタリの姿、その2人の後ろには、闇の忍者軍団・虹蛇(にじのへび)の闇忍が睨みをきかせている。

『RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』は、全3話が、3月31日、4月7日、4月14日の3週連続で配信。3月31日に配信されるエピソードは「忍術大会編」。仮面ライダーシノビ、仮面ライダーハッタリ、闇の忍者軍団・虹蛇による、"超忍POW!"を駆使した三つ巴の忍者大戦の幕があがる。

なお、公式サイトで公開された特報では、『仮面ライダージオウ』にて、白ウォズを演じる渡邊圭祐が、『RIDER TIME 仮面ライダーシノビ』を本編映像とともにナビゲート。2022年を視点にした白ウォズが、番組や作品の壁を越えて、『仮面ライダーシノビ』の世界観を紹介している。

(C)東映特撮ファンクラブ
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ