葛飾北斎や歌川広重、国芳らの作品が集結する『江戸のMANAGA』展 ユーモアあふれる戯画や判じ絵の浮世絵を紹介

SPICE

2019/3/17 12:00


展覧会『江戸のMANAGA』が、2019年3月29日(金)~4月7日(日)まで、東京・銀座の秋華洞内「ぎゃらりい秋華洞」にて開催される。

本展では、春休み企画としてユーモアあふれる戯画や判じ絵の浮世絵を展示。出展作家は、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳ら。戊辰戦争の風刺画、地震後に出版された鯰絵、かわいい猫のおもちゃ絵など、親子で楽しめる展覧会となっている。
歌川国芳「荷宝蔵壁のむだ書き」 
歌川国芳「荷宝蔵壁のむだ書き」 
歌川国芳「大都会無事」
歌川国芳「大都会無事」
歌川芳藤「新板猫の湯屋」
歌川芳藤「新板猫の湯屋」

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ