東京2020オフィシャルショップの常設12店舗目がお台場に登場


東京2020組織委員会は3月20日、東京2020大会終了まで常設店となる「東京2020オフィシャルショップ 台場店」をオープンさせる。営業時間は11:00~21:00で年中無休。

同店は、東京2020大会でビーチバレーやバスケットボール(3×3)、スポーツクライミングといった競技の開催場所となる東京ベイゾーンお台場エリアにオープン。東京2020大会への機運を高めることを目的として設置される常設12号店で、東京2020公式ライセンス商品約1,100点を取りそろえる。

オープンを記念して、3月21日(12:00~12:30、17:00~17:30)と3月23日(11:00~11:30、13:00~13:30、16:00~16:30)は、来場者を対象に東京2020マスコットのミライトワ・ソメイティと触れ合って記念撮影ができるグリーティングを開催する。記念撮影は各回につき先着30組。

同店では、インバウンド対応として、外国語スタッフ(英語・中国語)も在籍。オープン期間は2020年9月30日まで。営業時間は変更になる可能性もあり。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ