中居正広が犯罪者熱演、綾瀬はるか出世作 - 平成16年(2004)ドラマTOP3


草なぎ剛の“僕シリーズ3部作”
2019年4月30日に幕を下ろす「平成」。マイナビニュースでは、「平成」の中で生み出されたエンタメの軌跡を様々なテーマからたどる。この連載は、「視聴率や俳優の人気は無視」のドラマ解説者・木村隆志が、平成元年から31年までのドラマを1年ごとに厳選し、オススメ作品をピックアップしていく。第16回は「平成16年(2004年)」。

※以下はドラマの結末などネタバレを含んだ内容です。これから視聴予定の方はご注意ください。

平成16年(2004)は、3月26日で久米宏がメインキャスターを務める『ニュースステーション』(テレビ朝日系)が終了し、4月5日から『報道ステーション』がスタート。メインキャスターに同局の元アナウンサー・古舘伊知郎を起用して話題を集めた。

その他では、『がっちりマンデー!!』(TBS系)、『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)、『Qさま!!』(テレ朝系)、『世界一受けたい授業』(日テレ系)などの現在も続く長寿番組がスタート。一方で『特命リサーチ200X II』(日テレ系)、『ザ・ジャッジ! ~得する法律ファイル』(フジテレビ系)、『天才クイズ』(TBS系CBC)などが終了した。

ドラマのTOP3には、『オレンジデイズ』(TBS系)や米倉涼子版『黒革の手帖』(テレ朝系)などの人気作もある中、切なさあふれるヒューマン作を選んだ。
○■徐々に育まれる父娘の絆に涙

3位『僕と彼女と彼女の生きる道』(フジ系、草なぎ剛主演)

関西テレビの制作で脚本は橋部敦子……と言えば、ドラマファンなら“僕シリーズ3部作”がすぐ浮かぶのではないか。「愛と死」をテーマにした前年の『僕の生きる道』に続いて制作された当作のテーマは「父娘の絆」。草なぎ剛演じる小柳徹朗と美山加恋演じる凛とのハートフルなやり取りで視聴者の涙を誘った。

まず素晴らしかったのは、前作で用いた難病のような強烈な設定に頼らず、普通のサラリーマン家庭を選んだ舞台設定。そのことが視聴者にとって、より身近で、より「本当の幸せとは何か?」を考えさせられる作品となった。

スタート当初は、絵に描いたような仕事人間の徹朗と、愛くるしい幼児の凛を見た視聴者の感想は、「本当に実の親子なの?」。しかし、回を追うごとに徹朗は心を入れ替え、凛はそんな父を慕いはじめ、2人は誰がどう見ても、愛情あふれる親子になっていった。

決して華やかな作品ではなく、ハラハラドキドキさせられることもないが、その穏やかな世界観がジワジワと心に染み、思わず我が子を抱きしめたくなる……ネグレクトのニュースが当時と同等以上に報じられる現在にも、求められている作品なのかもしれない。

キャストでは草なぎ、美山、小雪の熱演に加えて、特筆すべきは小日向文世と大杉漣。『僕の生きる道』では、優しい主治医と人情派理事長だったが、今作では厳格な上司と父親に一変し、演技の深さを見せた。両作での好演が、今年に至るまでのスーパーバイプレーヤーぶりにつながったのではないか。

当時7歳の美山は同作でブレイクし、凛が満面の笑みで繰り出す「はい!」のかわいらしさにやられてしまう視聴者が続出。その人気から翌々年には実写版『ちびまる子ちゃん』(フジ系)のたまちゃん役も演じた。現在も女優として活動しているが、成人してたびたび酒豪ぶりを明かすなど、時の流れの早さを感じさせてくれる。

主題歌は、&G「Wonderful Life」。当初は歌い手が稲垣吾郎であることは明かされず、公表したこともドラマの人気を決定づけた。
○■中居正広が悲劇の犯罪者を熱演

2位『砂の器』(TBS系、中居正広主演)

中高年層なら大半の人が知っている松本清張の小説を実写化。1961年に小説が発売されて以降、1962年に全2話のドラマ、1974年に映画、1977年に全6話のドラマ、1991年に単発ドラマ、2004年の全11話のドラマ、2011年に全2話のドラマが制作されたが、最も原作から脚色されたのが当作だった。

原作や先行作は、今西(渡辺謙)刑事が犯人を追い、真相を明かすミステリーだったが、当作の主人公は和賀(中居正広)。犯人の視点から物語が進み、「捕まるか? 捕まらないか?」や、「どんな犯行背景があったのか?」などを楽しむ骨太なサスペンスとなっていた。

そのことで和賀の焦りや葛藤、怒りや諦めなどの心理が浮き彫りになり、哀しいムードを加速。「これでもか」というほど厳しい宿命が和賀に突きつけられ、終盤は胸を締めつけられるような展開が続き、視聴者はのめり込んでいった。

最後の「父ちゃん……」と泣き崩れる和賀の姿は、ドラマ史に残る名シーン。和賀は全編を通してセリフの少ないタイプの主人公だったが、福澤克雄らの演出と千住明の音楽が見事にフォローして、目と耳で美しさや切なさを感じる作品となった。スタッフたちが「いかに過去の作品を超えるか」を考え、力の限りを尽くした産物であることは間違いない。

象徴的だったのは、和賀が指揮するコンサートと、暗い過去や警察の捜査をカットバックで見せた演出。千住明が作・編曲し、日本フィルハーモニー交響楽団が演奏した『宿命』の音色とともに、ダイナミックかつドラマティックだった。

中居は『白い影』(TBS系)に続いてシリアスな役柄に挑戦。その役作りは過剰気味だったが、そのまま和賀の持つ凄みにつながっていたとも言える。バラエティでおどける姿とは別人であり、当作を“俳優・中居正広”のベスト作に挙げるファンも多い。

一部で「ハンセン病の設定を変えたから無理がある」「時代背景が違いすぎる」などの批判もあったが、全11話をたっぷり使って描き上げた充実度では、名作と称えられる映画版に負けていない。主題歌は、DREAMS COME TRUE「やさしいキスをして」。

●1位は「ドラマ解説者が最も好きな作品」
○■大ヒット映画を超える上質な感動作に

1位『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系、山田孝之主演)

仕事柄、「最も好きなドラマは何?」と聞かれる機会が多いが、その中の1作に必ず挙げているのがドラマ版『セカチュー』。

2001年に刊行された小説が、柴咲コウの「泣きながら一気に読みました」の書評を追い風にベストセラーとなり、2004年5月に映画が公開。長澤まさみと森山未來のみずみずしい演技が話題を呼び、興行収入85億円の大ヒットになった。

映画版が盛り上がる7月にドラマ版がスタート。世間は完全に後発扱いで、「ネタバレしているのにドラマもやるの?」「映画を上回るのは無理」という逆境ムードだった。それを乗り越えたのは、プロデューサー・石丸彰彦、演出・堤幸彦、石井康晴、平川雄一朗、脚本・森下佳子のトライアングル。あまり知られていないが、当作は『白夜行』『JIN -仁-』『とんび』『天皇の料理番』のヒューマン作を次々に生み出す「名チーム誕生」の記念碑的作品でもある。

出色だったのは森下による脚色。朔太郎(山田孝之)と亜紀(綾瀬はるか)の出会いと初恋、祖父・謙太郎(仲代達矢)との自転車エピソード、亜紀の陸上大会と2人だけの自己ベスト、龍之介(田中幸太朗)と智世(本仮屋ユイカ)の恋、亜紀の懸命な入院生活、朔太郎の悲壮感あふれる修学旅行、二人の結婚写真、亜紀から朔太郎へ最後の贈り物……。映画では描き切れない家族、友人、先生の心情が丁寧に描かれ、全編を通して悲劇でありながら、各話には必ず心に染みるような感動があった。

堤幸彦らが手がける映像は透明感があり、その象徴であった山田孝之と綾瀬はるかは、中盤以降、朔太郎と亜紀が乗り移ったかのような熱演を披露。回を追うごとに痩せ細っていく綾瀬と亜紀、最愛の人を失う怖さから逃れるようにもがく山田と朔太郎……想いや涙があふれるシーンでは、脚本を超えるほどの感情があふれた演技を見せて、視聴者を落涙させた。

当時19歳の綾瀬はオーディションで723人の中から選ばれた今作でブレイク。当時20歳の山田とともに現在までの14年間、トップ女優の座をキープしている理由が当作を見ればわかるのではないか。

序盤は映画版の長澤や森山に魅了された人々を中心に酷評を受けていたが、中盤以降はそうした声が収まっていった。後発にも関わらず「映画よりドラマのほうが好き」という人が多いのは、脚本・演出・演技・音楽のすべてが極めて上質だったからにほかならない。その他の難病ドラマとは一線を画す、まもなく幕を閉じる平成を代表する作品と言えるだろう。

主題歌は、柴咲コウ「かたち あるもの」。朔太郎の心情を歌った映画版の平井堅「瞳をとじて」に対する亜紀からのアンサーソングのような歌詞で、エンディングにバシッとハマった。
○■『オレンジデイズ』『プライド』『黒革の手帖』『東京湾景』

その他の主な作品は下記。

大学を舞台にした恋愛群像劇『オレンジデイズ』(TBS系、妻夫木聡・柴咲コウ主演、主題歌はMr.Children「Sign」)。「聴覚を失ったヒロイン」という設定は、いかにも北川悦吏子の脚本だが、沙絵のヒステリックな言動は賛否両論だった。大学生男女5人の「オレンジの会」は、『あすなろ白書』(フジ系)の「あすなろ会」とほぼ同じ。こちらも北川脚本であり、セルフカバーと言える。

実業団アイスホッケーチームが舞台の『プライド』(フジ系、木村拓哉主演、主題歌はクイーン「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」)。キャプテンでエースの選手を木村が演じたほか、坂口憲二、市川染五郎、佐藤隆太らでチームを形成。野島伸司の脚本らしく、竹内結子を絡めたラブストーリーでも魅せた。決めゼリフの「maybe」が採用できたのはキムタク主演の力技。

6度に渡ってドラマ化された中、「最高傑作は2004年版」と言われる『黒革の手帖』(テレ朝系、米倉涼子主演、主題歌は安良城紅「Here alone」)。それまでヒットに恵まれなかった米倉は当作の悪女役でブレイク。以降、“松本清張+米倉”のコンビで「けものみち」「わるいやつら」が制作された。

リストラされたサラリーマンが主夫として奮闘するホームコメディ『アットホーム・ダッド』(フジ系、阿部寛主演、主題歌はJackson vibe「朝焼けの旅路」)。阿部寛と篠原涼子宮迫博之と中島知子の夫婦役がフィット。家事と育児にスポットを当て、子役を交えたほのぼのとした世界観で、平日午後に繰り返し再放送される人気作となった。

前年に続いてドラマ化された『WATERBOYS2』(フジ系、市原隼人主演、主題歌は福山雅治「虹 ~もうひとつの夏~」)。キャストは市原、中尾明慶、斉藤慶太、小池徹平、木村了+石原さとみに一新された。最終回のシンクロ公演では、終始明るいムードの中、五段やぐらに挑むシーンで空気が一変。ピリピリムードの中、危険な失敗シーンも映され、成功で歓喜と涙が爆発した瞬間は、一級品のドキュメンタリーでもあった。シリーズ最高傑作。

「東南アジアでの旅行中にバス転落事故で愛する人を失った男女が同じ家に住む」という奇妙な舞台設定が物議を醸した『ホームドラマ!』(TBS系、堂本剛主演、主題歌はギルバート・オサリバン「アローン・アゲイン」)。この破滅的な設定を仕掛けたのは、近年穏やかな作風が定着した岡田惠和。視聴率は1ケタ台に低迷したが、家族の意味や人の絆を問う内容で熱心なファンも少なくなかった。

「往年の月9に回帰した」と言われた王道のラブストーリー『ラストクリスマス』(フジ系、織田裕二主演、主題歌は織田裕二withブッチ・ウォーカー「ウェイク・ミー・アップ・ゴー!ゴー!」「ラスト・クリスマス」)。月9、織田裕二、脚本・坂元裕二、プロデュース・大多亮、スポーツ用品会社「ハートスポーツ」など、『東京ラブストーリー』との共通点がズラリ。ただ当作のラストは特大級のハッピーエンドだった。

吉田修一の小説を韓流風に大胆アレンジした『東京湾景~Destiny of Love~』(フジ系、仲間由紀恵主演、主題歌はWeather Forecast「君さえいれば」)。ヒロインが在日韓国人、韓国ロケ、パク・ヨンハ出演、韓流アーティストなど、現在では考えられないほど韓国尽くし。今振り返ると、『冬のソナタ』の大ヒットに便乗したとんでもないコンセプトの作品だった。

さらに、『新選組!』『天花』(NHK)、『奥さまは魔女』『逃亡者 RUNAWAY』『夫婦。』(TBS系)、『愛し君へ』『離婚弁護士』『人間の証明』『大奥 第一章』『めだか』(フジ系)、『彼女が死んじゃった。』『光とともに…』『ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏』『一番大切な人は誰ですか?』(日テレ系)、『エースをねらえ!』『電池が切れるまで』『南くんの恋人』(テレ朝系)などが放送された。

■著者プロフィール
木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技
84』『話しかけなくていい!会話術』など。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ