松本人志 “作品に罪はない”に異論「場合によってはドーピング作品になる」

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が17日、フジテレビワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)について言及した。

 瀧容疑者は映画、ドラマ、バラエティー、ラジオと多くの作品、番組に携わっており、打ち切りや公開中止、配信停止に追い込まれている。

 松本は「自分が映画監督した作品が公開前に主役級が薬物で捕まったとすると…」と切り出し、「もしかしたら、薬物という作用を使って、素晴らしい演技をしていたと思ったら、それはある種ドーピングなんですよ。ドーピング作品になってしまうので僕は監督しては公開して欲しくないですけどね」と持論。「5、6番手のちょい役の人でそこまで言うのか、となると分かれてくるところ」と前置きし、「作品に罪はある、罪はないってことで言うと、僕は場合によっては(罪は)あると思う」とまとめた。

 「役者さんが女性問題で暴行とかはドーピングではないので、被害者との問題になってくるので全然別問題ですけど」としつつも、音楽作品などについても「レコーディングの時にそういうことをしていて、もしすごくいい物ができたのだとしたら、それはドーピングだと思うのでダメだと思いますね」と主張。瀧容疑者については「好きなんですけど…。皆が『いい役者だったのに』って言うんですけど、あなたが言う役者の時、何かやっていたかもしれないよって思う。完全に薬が抜けた時のピエール瀧の演技を見てみたいと思います」と語っていた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ