略奪結婚した末に不倫されるのは自業自得? 男女では意識差も

しらべぇ

2019/3/17 09:30

(chaoss/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
配偶者と離婚してまで結婚したのにもかかわらず、さらに別の人に浮気する人は少なくないという。なぜ略奪愛は、繰り返されるのだろうか。

■「略奪結婚からの不倫は自業自得」半数以上


しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,589名を対象に、「結婚について」の調査を実施。



「略奪結婚した人が不倫されても自業自得だと思う」と答えた人は、全体で52.9%。意見は、真っ二つに分かれている。

■女性は略奪結婚に厳しい目


性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。



女性は、略奪された妻と自分を重ね合わせるのかも。

「ドラマやワイドショーのイメージがあるからかもしれないけれど、略奪する側は女性の場合が多い気がする。自分が夫を奪われたと考えたら許せないし、因果応報としか言いようがない」(30代・女性)

■配偶者がいながら手を出すほうも悪い


略奪結婚は、奪い取ったほうだけが悪いのではないとの声も。

「略奪愛と言っても、基本的には妻がいながら他の女性に手を出す男性がきっかけだと思う。女性もそこで歯止めをかけられたらいいのだけれど、本気になってしまうのだろうね」(40代・女性)

略奪しそうな女性を、心配している男性も。

「会社の後輩で不倫している子がいるけれど『妻と別れて、君と結婚したい』って言われているらしい。本心かどうかはわからないけれど、そんな男はまた繰り返す気がして心配」(30代・男性)

■略奪が繰り返される理由


略奪結婚した人が不倫されやすいのは、相手の気質に問題があるのかも。

「略奪結婚した人が不倫されるのは、相手の男性が浮気性なだけ。そもそも奥さんがいるのに他の人に目が行く時点で、その気質は見えていたはず。

好きになってしまうと相手の悪いところなんて見えないから、自分のところにきてくれたうれしさしか感じないのかも」(30代・男性)

結婚していても異性を求める人、そしてそれを受け止めてしまう人。両者の気持ちが一致したときに、略奪愛は起きるのだろう。

・合わせて読みたい→南果歩、渡辺謙の再々婚報道に絶句するも「因果応報」と批判が相次ぐワケ

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ