渡辺明棋王が7連覇か 広瀬章人竜王が二冠に王手か 現在対局中/将棋・棋王戦第4局

AbemaTIMES

2019/3/17 09:35


 将棋の棋王戦五番勝負の第4局が3月17日、栃木県宇都宮市の「宇都宮グランドホテル」で始まった。同シリーズの成績は、渡辺明棋王(王将、34)の2勝1敗。渡辺棋王は勝てば7期連続7度目の防衛、挑戦者の広瀬章人竜王(32)が勝てば、自身初の二冠に王手をかける。

 渡辺棋王は昨期、順位戦A級からB級1組に降級したが、今期はそのB級1組で史上2人目となる12戦全勝でA級復帰。さらに王将戦では、久保利明王将(当時、43)との七番勝負で4連勝し奪取するなど、年度成績では37勝10敗、勝率.787と絶好調だ。

 対する広瀬竜王は、昨年12月に羽生善治竜王(当時、48)との七番勝負でフルセットの末、初の竜王位を獲得。対局数(61局)勝数(43勝)で、全棋士トップの成績を残している。

 棋王戦の持ち時間は各4時間で、先手は渡辺棋王。AbemaTVでは、この対局を終了まで生放送する。

(C)AbemaTV

▶【現在対局中】第44期 棋王戦 五番勝負 第四局 渡辺明棋王 対 広瀬章人竜王 ▶3/22(金)9:50~ 第60期 王位戦 挑戦者決定リーグ白組 1回戦 羽生善治九段 対 永瀬拓矢七段

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ