リミッターを外せない… 楽しさを表に出すのが苦手な人の克服法とは

しらべぇ

2019/3/17 08:00

(Yue_/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
日本人は、感情を表に出すのが得意ではない人が多い。悲しい気持ちもそうだが、とくに楽しさを表現するのは苦手なようだ。

■「楽しさを表に出すのが苦手」4割近くも


しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,589名を対象に、「感情表現について」の調査を実施。



「楽しさを表に出すのが苦手だ」と答えた人は、全体で38.5%もいることが判明。日本人はやはり、感情表現が苦手なのかも。

■ライブで地蔵ではないものの…


性別・年代別では、男女ともに20代から30代の若い世代に多くなっている。



ライブに行っても、心の底からはしゃげない人も多いようだ。

「ライブとか行って周囲と同じように騒いてみるけれど、心の中は冷静なままの自分がいる。誰も僕のことなんて見ていないのに、恥ずかしさが勝ってしまう」(20代・男性)

■喜びと楽しさを表現するのが苦手


喜怒哀楽の中でも、喜びや楽しさは表現しにくいとの声も。

「喜怒哀楽の中でも、楽しさを表現するのが自分には一番難しいと思う。ネガティブな性格だから『哀』はしょっちゅう表に出しているし、意外に短気なので家では『怒』もよく見せている。

『喜』もあまり得意ではないし、いい感情を表に出す習慣が身についてないんだろうな。僕のそばにいる人は、後向きなことばかり話されてうっとうしく思っているかも」(30代・男性)

■斜に構えて格好つける


若い人でもテンションが高くて、楽しさを思う存分に表現している人がいる。しかし一方で、格好つけて斜に構えてしまう人も。

「若い頃は斜に構えることが、かっこいいと思っていた。だからうれしいことがあっても、なんとも思ってないようなふりをしていた記憶がある。

しかし大人になると斜に構えること自体がかっこ悪いことに気づき、素直な感情表現を心がけるようになった」(40代・男性)

感情表現が苦手な人が気持ちを伝えるには、大げさなくらいがいいようだ。

「感情を表に出すのが苦手な人は、相手に感謝の気持ちを伝えても『そっけない』と思われることが多いと思う。こんな人は大げさなくらいに表現しないと、伝わらない。リミッターを外すには、回数を重ねるしかないかな」(40代・女性)

各自の性格もあるので、無理してまで楽しさを表現する必要はないのかも。

・合わせて読みたい→集団の中にいても存在感がない…おとなしい人をどう思う? 

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ