木村佳乃、『後妻業』で燃え尽きた!? 撮了後は「抜け殻のよう」


女優の木村佳乃が16日、大阪・カンテレ本社を訪れ、19日に最終回を迎える同局・フジテレビ系主演ドラマ『後妻業』(毎週火曜 21:00~)をPRした。

大阪を舞台に、遺産をめぐる壮絶な争いを描いた今作。関西弁をまくしたてるパワフルな“後妻業”の結婚詐欺師・小夜子を演じた木村は「ずっと炎のようにボーボーと燃えている感じ。演じるのにあらゆるエネルギーが必要だったので、クランクアップからしばらくは抜け殻のようでした」と、すでに終えた撮影を振り返った。

セリフはすべて関西弁とあり、猛特訓を重ねたという木村。撮影中はプライベートでも「自然に関西弁が出る」ほどどっぷり浸かっていたとか。また、自宅でドラマを見ていた愛娘に「関西弁がうつる」という思わぬ影響も。木村は「小夜子の『ヅラちゃう!ファッションウィッグや!』というセリフをなぜか覚えてマネするんです。あと、関西のイントネーションの『エレベーター(※“ベ”にアクセント)』もずっと言ってて、学校で友達にも披露したそうです(笑)」と、ほほえましいエピソードを明かした。

ドラマでは、木村の大胆な“変顔”も話題に。小夜子がとぼけてみせるとき、目をグッと寄せて舌を出す表情は注目を集めたが、「ずっと寄り目にしていると、目がつらくて(笑)。小さいころからよくやっていたので、寄り目は得意なんですけどね」と、コミカルな熱演に隠された苦労を話して笑わせていた。

また、まもなく放送される最終回について聞かれると、木村は「小説とも映画とも違う終わり方。台本を読んで、こうきたか!とびっくりしました」と感想。「カンテレさんはこれがやりたかったのか!という爽快な結末。みなさんもびっくりすると思うので、ぜひ見てください」と、驚きのエンディングを予告していた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ