月9『トレース』は錦戸亮&船越英一郎のラブストーリー!? 松山監督が語る


●一番遠かった2人が恋に落ちる…
アイドルグループ・関ジャニ∞の錦戸亮が主演するフジテレビ系月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』が、18日(21:00~22:24)の放送で最終回を迎える。テレビの視聴状況を独自に調査している「テレビ視聴しつ」の満足度によると、初回3.37(5段階評価)だった数値が、1月月間調査で3.63、2月調査では3.65とクライマックスに向けてジワジワと上昇。同調査の視聴者数でも、2月調査では『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)に次ぐ第2位の高数値となっている。

このメイン演出を務めるのは、『LIAR GAME』『鍵のかかった部屋』『失恋ショコラティエ』『信長協奏曲』など、多くのヒット作を手掛けてきたフジテレビの松山博昭監督。個性豊かな同局のドラマディレクター陣の中でもより独創的で、常に新しい映像世界を見せてくれる人物だ。そんな監督に「テレビ視聴しつ」の室長であり、自称・テレビドラマの作り手に精通しているドラママニアが、今作にかけたこだわりを聞いた――。

○■“痛み”や“つらさ”を意識

――今回の作品は事件解決ものですが、通常であれば解決編が説明ばかりの“おまけ”みたいなドラマが多い中、この作品は第1話で解決編を30分以上かけてじっくり描いたように、解決編の分量がものすごく多い、そこのドラマをしっかり描いているなと感じました。

“どうやったのか”や“誰がやったのか”よりも、“なぜ事件が起きたのか”の部分を抽出しようと思っていたので、第8話(幼なじみ3人が関係する殺人事件)でも21時30分の段階で解決編に入りました。相当解決編を長くして、なぜその事件は起きたのかというのをメインに作っていこうとかなり意識しました。

それは作品のテーマとも関係していて、真野(錦戸亮)という過去に影を持つ人物が、それぞれの事件で真実を見つけていき、そこで関わった人たちは真相を知りたくて苦しむのですが、どんなにつらい真実であっても知った方がいい、つらいからといって知らない方がいいということはないという信念を持っている。その積み重ねが最後、真野自身にフィードバックする話にしたいなと思ったからなんです。

――これまでのストーリーは、DVだったり幼児が関係する殺人だったりと、事件の中身が月9じゃないようなハードさでした。

痛みやつらさというのも意識しましたね。真実にはものすごい痛みやつらさがあるんだけど、真実を知ったからこそちょっと笑って前にいけると思うので。その部分は月9っぽくないので見ている人は目を背けてしまうかもしれないけど、心の痛さつらさを感じられるようなものにしたいなと思って、そういう事件を選んだりしました。

特にそのテーマが凝縮されているのが第2話(父である大学病院の外科医が殺害され、娘の被害者遺族にとってつらい真実が待ち受けていたストーリー)です。関めぐみさん演じる被害者遺族にノンナ(新木優子)はつらい真実を突き付けてしまい、言わない方が良かったんじゃないかと葛藤します。だけど、最後に真野は「どんな真実であったとしても知らない方がいいことなんてない。遺族は真実を知ることではじめて前に進むことができる。それを手助けするのも科捜研の仕事の1つ。だからお前はよくやった」と言います。真野自身も同じところにいるので、自分自身にもかけている言葉なんです。全11話を通して真野はそれを体現するけれど、ノンナに言った言葉を最後、自分はどう受け止めるのか?というのを全体のクライマックスに持っていきたいなという思いで作りました。

○■本当に描きたいのは…

――私の中で前半のドラマの主役は、虎丸刑事を演じる船越英一郎さんだと思ってました(笑)。船越さんの乱暴なキャラクターには賛否両論もあったと思いますが、どんな狙いを込めたんですか?

船越さんに最初にお話ししたのは、月9というパッケージからしても、真野とノンナに恋愛線があるように見えるけれど、本当に描きたいのは男同士の真野と虎丸のラブストーリーなんだと。恋愛ドラマによくある「何だコイツは?」という最悪の出会いから始まって衝突するけれど、高圧的な態度の彼にも背負っているものがあるんだというのを知り、どんどん分かり合っていく。そして最終的に一番遠い関係性だった2人が恋に落ちる…じゃないけれど、寄り添う物語にしようと、そんな説明をしました。

――船越さんのあのキャラクターは、このドラマの特徴である後半の真相パートが“静”だとしたら、それを際立たせるためだけの“動”のキャラクターにしているだけかと思っていました。だけどそうではなく徐々に変化してくのが意外で、連ドラとしての面白さがあるなと思いました。「テレビ視聴しつ」に寄せられた視聴者の感想でも、最初は船越さんのキャラクターに否定的な視聴者が多かったんですが、徐々にマッチングしてきたという声も増えています。

それはよかったです。でもそうだとしたら、相思相愛になるのがちょっと遅かったかな?(笑)

――いや、後半の段階でようやく距離がグッと近づいてきたのは、最終回に向けてのアクセントにもなってて、ちょうど良かったと思います!

●錦戸が出す独特の個性

――最終回は主人公の真実に迫る物語になっていると思いますが、錦戸さんはダークな演技がより魅力的だと思うので、どんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

やっぱり彼は影がある役が似合うというか、色気もあるし、その部分が魅力だと思うので、そこをうまく引き出せるといいなと思っています。ちょっとしたとき見せるしぐさだったり表情だったりが他の役者さんには出せない独特の個性だなって思いますね。

――新木さん、船越さんの印象はいかがですか?

新木さんはノンナという役を演じるにあたり、いい意味で明るくおバカさんで、真野という心に壁を持っていて、これまで科捜研の人にも閉じていた人物でもずけずけ入ってくるから、真野もついていかなくちゃいけないキャラクターになっている。それは新木さんが本来持っている明るさや天真爛漫(らんまん)さが反映されていて、いい関係性になったなと思いますね。

船越さんは、もう抜群ですよね! カッコよく決めるところからおちゃめなところ、お芝居の技術も素晴らしいですし、このセリフをこう広げてくれるんだというのがあるし、一番いろんなことを試してやってくださいます。なので安心感というものがすさまじいなというのを現場でいつも感じています。
○■テクノ音楽を使用する理由

――松山監督が携わった作品の音楽と言えば『LIAR GAME』や『信長協奏曲』など、 “テクノ”がお馴染みですが、やっぱりテクノはお好きなんですか?

いや実は僕、普段音楽を全然聞かなくて、テクノも聞かないですし、EDM系の人たちのことも全然詳しくないんです(笑)

――意外です! てっきりテクノが好きで、CAPSULE(『LIAR GAME』の音楽を手掛けた中田ヤスタカのユニット)のファンなのかな?と思ってました。

よく音楽に詳しい人だと思われて(笑)。だけどまったく詳しくないですし、むしろ生活の中で音楽がかかっているのが嫌いで、リズムに引きずられるのがすごく気持ち悪いと思っちゃうんですよ。テクノ系の音楽を使う理由は、僕は作ってもらった曲をかなり編集するんです。例えば、決めセリフに合わせて曲のサビが来るように…みたいな編集をかなりするので、そういう場合はやっぱりデジタル系の音楽の方が切り貼りしやすいんですよね。

あと元々そういうデジタル系にいったのは予算の問題もあって、僕が初めてメインのディレクターとして携わったのが『LIAR GAME』で、サブのディレクターをやっていたときから音楽をもっとカッコよくできないかな思っていて。『LIAR GAME』の時は渋谷ビデオスタジオの時代で、その通り道にちょうどHMVがあって、当時CAPSULEがニューアルバムを出して曲がかかっていて、こういうのいいなと思ってお願いしたら…その後すごくブレイクされましたね(笑)。23時台のドラマだったので、フルオーケストラの厚い音楽っていうのはお金がかかってなかなか作れなくって、だから同じ時間同じ予算であれば1人でパソコンで作れるものの方がハイクオリティーなものになるのではというのもあり、そういうところから入ったのでこんな作風になった感じですね。

――監督の作品は『鍵のかかった部屋』は“白”で、『失恋ショコラティエ』は“ピンク”で…と、テーマカラーがあるような気がしています。そして今回はポスターなどにも出てくる手袋やマスクの“紫”が印象的です。いつもテーマカラーを決めて作られるんですか?

そうですね。『失恋ショコラティエ』の時は、“赤”や“白”を基調にしようと思って作ったんですが、今回は実は広報担当が“紫”がいいねって言って決まりました。衣装合わせの時はどれにしようかはまだ決めなくて、その後のポスター撮りも何種類か手袋があってどれにしようかっていくつか試したんです。それからポスターが紫に決まってどんどんそれで進んでいって、意外と紫いいな!って。結果的に『トレース』のイメージカラーにぴったりの色になりましたね。

○■真野&ノンナの恋愛模様は…?

――では最後に、松山監督が担当される最終回の見どころを教えてください。

先ほどの話でもしましたが、真野は真実を知らないことが一番つらい、どんなつらい真実であっても人は知ることによって前向きに進めるんだということ一貫して言ってきました。その行動が最後自分に向けられたときにどうなるのか、彼自身が言ってきたように、真実を知ることで前に進んでいけるのか…というのが全体のクライマックスになっているので、真実によって真野の心はどうえぐられるのか?など、そういう部分を見てもらいたいですね。

――ちなみに、真野とノンナの恋愛模様は進展するんでしょうか?(笑)

真野とノンナはちょっとずつ近づいていくとは思うんですけど…やっぱり、どちらかというと、真野と虎丸の方がラブかなと思って作ってます。でも、2人のキスシーンがあるわけではないですよ(笑)

●松山博昭
1973年生まれ、岐阜県出身。上智大学卒業後、98年にフジテレビジョン入社。『LIAR GAME』で初めてチーフ演出を務め、『鍵のかかった部屋』『失恋ショコラティエ』『信長協奏曲』『人は見た目が100パーセント』、現在放送中の月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』などを担当。

●「テレビ視聴しつ」満足度調査概要
・対象局:NHK Eテレを除く地上波6局(NHK総合、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)
・サンプル数:関東1都6県、男性480+女性480=計960
・サンプル年齢構成:「10~19歳」「20~34歳」「35~49歳」「50~79歳」各年代男女120サンプル
・調査方法:朝帯からゴールデン・プライム帯のレギュラー番組について月に1度、満足度と感想を収集するウェブ調査
・採点方法:最高点「5」、最低点「1」の5段階評価

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ