木村佳乃 19日「後妻業」最終回に自信「大どんでん返しに、ビックリするはず」

 女優の木村佳乃(42)が16日、関西テレビ(大阪市北区)で会見し、19日に最終回を迎える同局系主演ドラマ「後妻業」(火曜後9・00)をPRした。「原作とも映画とも全然違う爽快な終わり方。大どんでん返しに、ビックリするはず」と自信をみせた。

 遺産相続を目当てに年配の資産家を狙い、結婚詐欺を繰り返す関西女・小夜子を熱演した。「ドラマを観た娘から、“なんでいつもママは悪役なんだ”って言われた」と苦笑い。母の関西弁を気に入ったようで、「“ズラちゃう、ファッション・ウィッグや”ってセリフをなぜか覚えて言ってた。友達にも学校で披露したそうです」と明かし、笑わせた。

 アクの強い役だけに、「ずっとボ~ボ~と炎のように燃えている感じ。体力、気力、瞬発力…あらゆるエネルギーが必要な役で、ずっとハイテンションでした」と振り返った。

 この日は、劇中で着用するヒョウ柄などのド派手衣装とは対照的に、純白の清そな服装で登場。「撮影が終わると一瞬、ぼ~っとしちゃって抜け殻になったんですけど、2~3週間経った今は普段通りの生活に戻ってます」と笑顔だった。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ