気になる男性に下ネタを振られたときに好感度を上げる対応術

yummy!

2019/3/17 07:30


気になる男性に下ネタを振られたときに好感度を上げる対応術

網野新花です。
好きな男性から下ネタを振られることもあるかと思いますが、このときに上手くリアクションできれば、その男性の印象に残ります。反対にそのときのリアクションがヘタだと、印象に残らなくなってしまいます。
そこで今回は、好きな男性から振られた下ネタに対して、上手いリアクションをまとめてみました。

男性の下ネタってどんなニュアンスで振っているの?



まずは、男性が女性に対して下ネタを振る理由は何でしょうか?
女性に対して下ネタを言う男性の心理を紹介します。
自分に気があるかを確かめたい
下ネタを振って、それに対してどうリアクションするかで、自分に気があるかどうかを確かめています。
自虐で会話を盛り上げるために
女性に下ネタを振って、最低な男性だと思われることで、自虐を演出し、会話を盛り上げているケースです。
性格を確かめたい
下ネタに対するリアクションを見ることで、相手の性格をある程度察することができるので、人によってはこのような理由で振ることもあります。
会話を盛り上げようといつものノリで下ネタを振ってしまった
男性同士だと、飛び出すことも多い下ネタ。そんな下ネタをついついいつものノリで、会話を盛り上げるつもりで言ってしまったパターンもあります。

気になる人に下ネタを言われたときの対処法1 ムスッと顔はNG!



男性はデリケートなので、会話を盛り上げるつもりで言った下ネタに対し、女性がムスッとした表情を見せると、「俺まずいこと言ったかな…。」と気まずい空気になり、そのあとの会話が弾まなくなります。
また、恋愛対象として見ている相手なら、セックスのことを想像するのも当然。
あまりムスッとした表情をすると、脈ナシだと誤解させてしまう可能性もあるので、あからさまなムスッとした表情は避けましょう。
ただしシャレにならないレベルの下ネタを言った場合、むしろムスッとしたほうが、軽い女だと思われないので、おすすめです。

気になる人に下ネタを言われたときの対処法2 笑う



下ネタを言われ、笑うことができればひとまず最低限のハードルはクリアです。くだらない下ネタに対して笑ってくれると、「自分の話を楽しんでくれているんだな。」と男子は思い、好感を持たれるようになります。

気になる人に下ネタを言われたときの対処法3 たしなめる



「まだそのネタを言う時間じゃありませんよ。」や、「まだはやーい」と軽いノリでいえば、その場の雰囲気を気まずくしないで、かわいらしさも演出できますよ。

気になる人に下ネタを言われたときの対処法4 恥じらいを見せる



下ネタに対して、恥じらいを見せることで、男性に「かわいい」と思ってもらえます。ただしこのときにムスッとした表情をすると、途端に「あれ…自分の話つまらない…?」と思われるので、気をつけましょう。

気になる人に下ネタを言われたときの対処法5 仲の良い男子にバトンタッチ



男性に振られた下ネタは、場が盛り上がれば何をしてもいいので、仲の良い男友達に話を振るのもアリです。話を振られた男性も、頼られている気を感じられるので、そこまで悪い思いをしません。

上手に下ネタを返して気になる男性に好かれよう!



上手に下ネタを返すことで、気になる男性からの好感度が上がります。うまい返しができなくても、ムスッとするよりかは笑顔でいたほうが印象的には良くなるので、心がけていきましょう。
ただし、本当に嫌なことを言われたときは、我慢する必要はありません。
気になる彼との会話を盛り上げる手段として、うまく下ネタをつかえるといいですね。
(網野新花/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ