“壁ドン”は難しい!杉野遥亮「いろんなこと考えすぎてわけ分からなくなった(笑)」

ザテレビジョン

2019/3/17 07:00

全国に“壁ドン”ブームを巻き起こした「L♡DK」を新キャストで再映画化した映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』が3月21日(木)に公開される。配信ドラマ「花にけだもの」(dtv・FOD)や、映画「春待つ僕ら」(2018年)などで注目を集めた杉野遥亮が、高校の同級生・葵(上白石萌音)と秘密の同居生活を送る久我山柊聖を演じている。そこで杉野に映画の撮影エピソードや見どころを聞いた。

――最初に出演が決まったときの感想を教えてください。

僕でいいのかなと思いました。原作も人気で、前作の映画もありますし、そこに愛を持っているファンの方がいたので最初は不安の方が大きかったです。

――今回の映画では柊聖と葵は最初から付き合っていて、すでに秘密の同居生活をしているところから始まります。そのことについて葵役の上白石さんと何かお話されましたか?

最初にお会いしたときのお互いの第一声が「同居ですよね?」でした(笑)。でも、撮影の初日が“壁ドン”シーンで、それがとにかく難しかったので、二人で黙々と練習をしてたんです。。それがあったから自然と距離が縮まったのと、それ以降も一緒にいるシーンが多かったので、必然的にそういう雰囲気になっていったところがありました。

――上白石さんとは初共演だと思いますが、印象は?

萌音ちゃんは僕よりも2歳年下で、恋愛ものが初めてだと言っていたので、僕がサポートしなきゃいけないなと思っていたんですが、実際に会ってみたら僕よりも大人でしっかりされていました(笑)。

――今回の映画では原作コミックの中でも特に人気のある「玲苑編」が描かれます。その玲苑(=柊聖のいとこ)を演じられたのは横浜流星さんですが、横浜さんの印象は?

流星とは、映画「キセキ-あの日のソビト-」(2017年)という映画で一緒だったんですが、どちらかというとプライベートで会うことの方が多いですね。でも、今回の現場では流星の考える方向性を共有したりすることで、プライベートとは違うマジメな一面が見られました。

――プライベートではどんなお話をされているのでしょうか?

普通の男子高校生みたいな話ですよ。詳しくはご想像にお任せします(笑)。

――同世代の俳優として互いを意識したりすることはあるのでしょうか?

僕も流星も顔には出さないけど、どういう作品をやっているかなどは、どこかで意識している部分があると思います。基本、負けず嫌いだと思います(笑)。

――この世界で活躍するには、負けず嫌いぐらいじゃないとダメなんでしょうね。

相手がいい演技をしているのを見たら、自分も頑張らないといけないなと思うし、そういうところがないと生き残っていけないのかなと。とはいえ、表面上では「あ、そうだったんだ」ぐらいしか言わないし、みんな俳優だから隠すのがうまいんですよね(笑)。

――今回、柊聖はいとこの玲苑が現れたことで、葵を取られてしまうんじゃないかと不安になります。普段、クールな柊聖の違った一面が見られるところも見どころだと思いますが、杉野さんが考える柊聖のカッコよさとは?

柊聖のカッコいいなと思うところは、親に頼らずに自立しているところ。もちろん、そうならざるを得ない環境というのもありますが、僕の高校時代と比べたらものすごく大人だと思います。

――高校時代の杉野さんはどんな感じだったんですか?

家から高校まで遠いし、部活を辞めてアルバイトをするから、一人暮らしをさせてほしいと親に頼んでました。それで親と大ゲンカになったりして、かなり浅はかな高校生でした(笑)。

――葵ちゃんのかわいらしさについてはどうですか?

葵はすごくモテると思います。人に対して壁がないというか、いい意味で人を見ない。だから、誰とでも分け隔てなく関われるんだと思います。それって天性のものだと思うんですけど、ちゃんと反応してくれて、照れたりもして、そういう素直なところがすごくかわいいなと思います。

――先ほど初日が“壁ドン”シーンの撮影だったと言われていましたが、実際にやってみていかがでしたか?

難しかったです。萌音ちゃんが痛くないようにしなくちゃいけないし、お互いの息を合わせないといけないし、ある意味、殺陣をやっているような感じなんですよね。いろんなことに意識を巡らせないといけなくて、わけが分からなかった記憶があります(笑)。

――見ている方は胸キュンでも、やっている本人はそれどころじゃない?(笑)

本当にそんな感じです。実際に壁ドンする人がいたとしたら、あれを普通にやれるなんて、ある意味、すごいなと思います(笑)。

――でも、女の子たちが胸キュンする気持ちは理解できますか?

壁ドンって、ジェットコースターと同じだと思うんですよね。吊り橋効果というか、びっくりのドキドキと恋愛のドキドキを錯覚してしまうんじゃないかと。でも自分の好きな人の顔がいきなり近づいてきたら、やっぱりドキドキしちゃいますよね(笑)。

――女性からの“逆壁ドン”はいかがですか?

「何しているのよ!」といった怒られる感じで壁ドンされたらドキドキしてしまうと思います(笑)。

――そんな『L♡DK』の公開も楽しみですが、4月19日(金)スタートのドラマ10「ミストレス~女たちの秘密~」(NHK総合)にも出演されますね。こちらはどんなドラマになっているのでしょうか?

僕が演じる貴志は、父親の死をきっかけに父の不倫相手であった香織(長谷川京子)を愛してしまう青年です。めちゃくちゃ素直で、その場で感じたことを感じたままに動いてしまうところがあって、若干ストーカーのように見えるときもあるんですけど(笑)、真っすぐな思いを持っている青年なんだと思います。

――年上の女性に恋をする青年というのは、杉野さんにぴったりだと思いました。

本当ですか? 僕も年上の女性は好きです(笑)。今回の役は挑戦することが多くて、難しさを感じる部分もたくさんあるんですけど、それだけ視野を広めることもできる作品だと思うので、精いっぱい頑張りたいと思います!(ザテレビジョン・取材・文=馬場英美)

https://news.walkerplus.com/article/183042/

当記事はザテレビジョンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ