たけし「やけに落ち着いているなあと」 瀧容疑者「アウトレイジ」撮影時の印象語る

 ビートたけし(72)が16日放送のTBS「ニュースキャスター」で、自身の監督映画「アウトレイジ 最終章」(17年公開)に出演した瀧容疑者の撮影時の印象を語った。

 撮影初日の瀧容疑者は緊張した様子もなく「やけに落ち着いてるなあ」と思ったという。「気強いなと思ったけど、実はあの時、アレかなあ…。逆に、気の弱い人なんじゃないかね」と、瀧容疑者が20代から薬物を摂取していたと供述したことを念頭に置いて振り返った。

 NHK大河ドラマ「いだてん」では共演。14日に撮影現場で「どうもピエール瀧です」とジョークを飛ばしたことを明かした。「ディレクターがどす黒い顔して、“やめてくださいよ、そういう冗談は”って」と、瀧容疑者の出演シーンを編集する作業で徹夜して疲労していたスタッフをドン引きさせたという。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ