彼をイラつかせてない…? 愛され女子にあるまじき言動3つ




ついさっきまで「彼との交際はいたって順調だわ!」なんて思っていたのに、彼から突然「オレたち合わないんじゃないかな。別れよう」なんて言われた経験がある人もいるのではないでしょうか。
大好きな彼とはなんの不安も不満もなく、円満で幸せな関係を築いていきたいものです。しかし、もしも自分の言動が原因で彼との関係が変化しているとしたら、どうしますか? 亀裂というのは自分では気づかないうちに、静かにひっそりと生じているものなのです。

彼がイラつくNGな態度とは…

(1)メイクアップが入念すぎる



「同棲をしているんですが、彼女の出かける前の化粧時間が長すぎてイライラします」(27歳/製造/男性)

▽ 彼とのデートに向けて気合いが入るのはわかりますが、それでも彼を待たせすぎるのはNGです。
私は同棲をしていないから関係ないわと思った人もちょっと待って! 外出先でも、トイレの後などにお化粧なおしをすることがあると思います。そこでもあまりに待たせすぎるのは避けるようにしたいものです。

(2)「なんでもいい」とは言うけれど…

「たとえば何を食べたいか聞いたとして、『なんでもいい』と言ったくせに店に着いてから『これは気分じゃなかった』とか言われるのはムカつきますね」(34歳/ビルメンテナンス/男性)

▽ この手のタイプの返答をする女性はけっこう多いような気がします。筆者が思うに、「(私の気にいるものなら)なんでもいいよ」という感じなのではないかと思いますが、客観的にみるとこれはかなり自己中心的な返事だと思われても仕方ないのではないでしょうか。
「なんでもいい」と言いながら「なんでもよくない」というのは、確実に相手をイラつかせる言動です。心当たりのある人は、なるべく自分の考えを正確に伝えるよう改善していってみてください。

(3)解決済みの一件を持ち出す



「何年も前のケンカの内容とかを持ち出されても、困る。そもそも、それもう解決したやつじゃんって思う」(29歳/自営業/男性)

▽ この手の経験をしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。「そういえばあのときもそうだったし、あのときもこうだった!」と、過去の話を蒸し返してしまうというのは女性特有のものなのかもしれません。
ただそれは“今”起こっている出来事とはなにも関係ありませんよね。もしかすると、今現在のケンカで過去の話を持ち出すのは“彼をイラつかせる一番のパワーワード”だといえるかもしれません。

自分の気持ちは素直に伝えよう

ときには意地を張ったり、プライドが邪魔をして素直になれないこともあるかもしれません。しかし、結局それで損をするのはあなた自身なのです。自分の気持ちに素直になること、下手に変化球を投げずストレートに気持ちを伝えることを忘れてはいけません。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ