台風の真ん中にロケット発射!? 中国の最新鋭潜水艇は人類のために働きます

191265_web-720x720
Image: Siping Zheng via DIGITAL TRENDS

台風との闘いに備え、情報収集のため本陣に飛び込んでくれるロケットです。

台風シーズンになると、暴風雨の中、必死で現場の状況を伝えるレポーターの姿を見ることがあります。そんな危険な事しなくていいから、と思いつつ、来たる台風の実情を知る貴重な情報源になっています。

でも、ある程度台風本体が近づいてこないと、ここまで詳しい状況は伝わってこないもの。巨大台風が日本各地で暴れまわる昨今、まだ台風が海上にいる段階で、その中に飛び込んで実況してくれる道具があれば、もっと早くから対策ができるのに…と思いますよね。

実は、そんな願いをかなえてくれる無人潜水艇ができました。中国の科学者チームが、海上の上空で台風のデータを直接収集する、気象監視ロケットを打ち上げる無人潜水艇を開発したと発表したのです。

潜水艦なら天候の影響も受けないはず


気象監視ロケットというのは、いわゆる「ロケットゾンデ」と呼ばれる無線機付きの高層気象観測器のこと。今回開発されたロケットゾンデは小型ロケットに載せられ、約8,000mもの高層で大気の温度、湿度、気圧、風観測などの気象データを測定し、地上に送信してくれます。

これまでもロケットゾンデというものはあったのですが、地上の研究所や観測所から打ち上げられるのが一般的でした。しかし、地上の研究所からロケットを発射しても、海上で生まれた台風を事前に観測することはできません。

他にも、気球などに同じような観測器を取り付ける、「ラジオゾンデ」も高層気象観測によく使われていますが、気球は強風に流されやすいですし、やはり台風観測には向きません。

しかし、今回発表された中国の無人潜水艇なら、雨が降ろうが風が吹こうが、天候の影響が少ない水中を潜水しながら、台風の真ん中まで移動することができます。そこから上空にロケットを飛ばすわけですから、臨場感あふれる情報を送信してくれるでしょう。

中国では気象情報だけでなく、マリアナ海溝の海底を探索するなど、潜水艇が大活躍しています。せっかくですから、カメラでも取り付けて、海底の様子や台風の発生から上陸までをドキュメンタリー風に伝えてくれると楽しいかも。

無人潜水艇のような人類の英知が生んだ技術は、有事のためでなく、このように「自然との闘い」という形で活用して、人類皆のために役立ててほしいものです。

Source: DIGITAL TRENDS

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ