森友問題、籠池夫妻の巨額補助金詐取の“巨悪”解明へ…検察、“共犯者”と司法取引か


 久々の「籠池劇場」。森友学園関連の補助金詐取などで起訴された籠池泰典(66)、妻・諄子(62)両被告の初公判が3月6日午後、大阪地裁(野口卓志裁判長)で開かれた。50席ほどの傍聴券を求めて600人以上が殺到した。

しかし、森友学園問題を追及している作家の菅野完氏は「こんな裁判、必死に傍聴に来るほうがおかしい。本質的な問題と全然関係ないのですから」と冷ややかに長い列を眺めていた。確かに、この裁判は安倍首相夫人が名誉校長に就任する森友学園の小学校建設での国有地売却で、ごみ処理を理由に8億円も値引きされた事案や、財務省幹部らが文書改ざんをした中心案件とは別物である。不自然な値引きや改ざんを示唆した佐川宣寿元理財局長ら財務省幹部らを不起訴にした件を検察審査会がどう判断するかが重要だが、籠池夫妻の詐欺罪も額は半端ではない。

●大笑いで入廷の妻

午後1時半過ぎ、裁判所北門に徒歩で現れたのが「相思相愛」(釈放時の泰典氏談)の夫婦。夫は神妙な顔で歩いてきたが、あとに続いた諄子氏は知り合いの女性に声をかけられると何が嬉しいのか大笑いしながら庁舎に入っていった。両側の2人の男性弁護士の腕につかまって歩いている。「勾留生活で足が弱ったということですが、少し強調したい意図もあるのかもしれません」と地元記者。夫婦は2017年7月に逮捕され、昨年5月に保釈されていた。勾留の影響とも思えないが。

罪状認否で、泰典氏は用意していた陳述書を朗読。「要支援児がいる」と偽って大阪市と大阪府から補助金を詐取したとされた件については「一部は違法」と認めた。諄子氏は「だましてはいない。無罪です」と陳述し、小学校建設についての国の補助金詐取については夫婦とも否認した。

しかし、泰典氏は「国有地問題からの目くらましのための国策捜査。国策による不当な違法勾留」「(捜査は)権力者への忖度はないのか」などと延々と検察批判の演説をしだしたため、検察官が「公訴事実に関する意見を端的に述べるべき」と止めようとしたが、裁判官が続行させた。

起訴状によれば、森友学園を運営していた夫婦は、豊中市内の小学校建設で工事金額を水増しして国の補助金約5600万円を詐取した。さらに「支援の必要な障害園児を受け入れている」と偽り、勤務実態のない専門の教員名を申告したりして大阪府や大阪市から補助金1億2000万円を受け取った。主犯は学園理事長だった泰典氏だが、会計を担当していた諄子氏も共犯とした。

検察側は冒頭陳述で「補助金申請のための虚偽の契約書を作成した」と主張し、詐欺罪で必要要件となる「だます意図」もあったとした。弁護側は、「共謀や故意はなく詐欺は成立せず、補助金適正化法違反にとどまる」と反論した。泰典氏は法廷で最後に「凛と咲く、日の本一の夫婦花」と締めくくった。

裁判所から出てきた諄子氏は「お父ちゃんと一緒ならどんなことも乗り越えられる。神様にお任せです」と笑顔で去った。この日、朝から自宅を訪れた報道陣に向けて泰典氏は別に新作を2句謳っている。この夫婦、相変わらず報道陣を引き付けて離さない。

●工事業者無罪放免は司法取引?

さて、この裁判で籠池氏は「手続きは業者に任せていた」と強調する。弁護側の冒頭陳述も「検察は工事業者と違法な司法取引をし、夫妻に不正受給の責任を負わせた」とした。泰典氏はそれを含めて「国策だ」と強調する。要は「籠池=大悪人」のイメージを確定させることが、彼に多くのことを暴露された安倍夫妻サイドを利するということだ。

工事を請け負った会社(吹田市の藤原工業)は、籠池氏に請われて建設費や設計費につき実際よりはるかに高い金額を書いた。それが何の目的であるかくらいわかるだろう。筆者も2年前の取材時、「普通に考えれば藤原工業は共犯ではないか」と思っていたが起訴もされなかった。一般に客に請われて飲食店などが実際より高く書いた領収書を出すこともある。それが罪に問われることはまずない。しかし、この事案はそんなレベルのことではない。

ある検察OBはこう漏らす。

「建築会社も実際よりはるかに高い契約金や見積もりを書かされて、わからないはずはない。その意味でも事実上は共犯です。ただ、大阪地検は籠池氏を落とすためにも建設会社の協力が必要。検事は起訴しないことを匂わせて調書作成に協力してもらい、業者は目的がわからなかったかのように犯意を薄めた巧みな調書をつくる。露骨に司法取引しないでも、そういうやり方はある。事実上は司法取引ですけど裁判官もこういう例は多く知っており、違法な司法取引だと主張して無罪を勝ち得るのはかなり難しいでしょう」

さて、メディアに囲まれる籠池氏は、「政権中枢の不正を暴くヒーロー」と自己陶酔している様子だが、補助金詐取も事実なら巨悪である。それを棚に上げての批判なら「信頼できない方のおっしゃることですから」と逃げる安倍首相の印象操作に格好の材料を与えてしまう。「国策」を強調する前に謙虚な態度を示すことも必要だろう。
(写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト)

当記事はビジネスジャーナルの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ