味も食感も多様化! お米マイスターのイチオシ銘柄は…

ananweb

2019/3/15 18:20

白米は新品種が続々とデビューし、玄米や雑穀は食べやすい商品がお目見え……と、お米の選択肢がどんどん広がっている今。毎日食べるものだから妥協せず、おいしさやヘルシーさなどのこだわりを叶えるご飯をしっかり吟味しましょう。
■ 種類豊富な今こそ好みを吟味して。

ここ数年の間にお米の種類はどんどん増え、個性がぶつかり合う戦国時代に突入!

「白米はコシヒカリ人気の時代が続いていましたが、最近はさまざまな新品種が登場し、勢力図は少しずつ変化。しっかりめの歯ごたえ、もちもち食感など、消費者のニーズに合わせて味も食感も多様化しています」

と語るのは5ツ星お米マイスターの澁谷梨絵さん。さらに、健康志向により玄米や雑穀の品揃えも充実。

「味わいも機能面も毎日食べやすいように進化しています」

いずれにしても、今やお米はおいしくて当たり前の時代。

「選択肢の幅が広がっているので、自分の好みに合うものを見つける絶好のチャンスです」

■ 白米のおいしさを追求する人に。

話題の新品種から澁谷さんがおすすめをピックアップ。味わい、食感の好みに合わせてチェックしてみて。

【1:だて正夢(宮城県)】とびきりのもっちもち感に注目。「育成開始から12年を経て、昨年本格デビュー。絶妙な粘りが生むもちもち感と甘味の強さが特徴。冷めてもやわらかくお弁当に最適」。2kg¥1,360*編集部調べ(宮城県農林水産部農産環境課 TEL:022・211・2841)

【2:新之助(新潟県)】おかずを引き立てるあっさり味。「上品であっさりとした味わいのなかにも、旨味がギュッと凝縮されているのがこちら。おかずの味をぐっと引き立ててくれます」。2kg¥1,500*編集部調べ(新潟県農林水産部農業総務課政策室 TEL:025・280・5289)

【3:雪若丸(山形県)】粒感、弾力ともにしっかり。「粒感がしっかりとしていて弾力もあり、食べ応え抜群の山形の新ブランド。もりもりご飯を食べたい人に、迷わずこれをおすすめします」。2kg¥1,037*編集部調べ(JA全農山形ふれあい生協 TEL:023・634・8168)

【4:いちほまれ(福井県)】甘味、粘り、硬さが好バランス。「コシヒカリを極めたようなお米。甘味、粘り、硬さのバランスの良さは、新品種のなかでも群を抜いていて食べやすい」。2kg¥1,200前後*編集部調べ(ふくいブランド米推進協議会事務局 TEL:03・6721・5184)

■ 美と健康が気になる人に。

健やかな体づくりには、毎日食べるご飯に気を使うことも必須。そんな人におすすめの、おいしくて栄養満点の玄米&雑穀を紹介。

【1:あ・ぜんまめNIPPON 十八種 穀物米(あ・ぜんJAPAN)】安心安全な雑穀米を食べたい人に。「日本雑穀アワード金賞を3年連続受賞した、味わい、栄養価、粒揃いに優れた雑穀ブレンド。無農薬・有機農法の18種類の国産雑穀を配合しています」。500g¥2,300(あ・ぜんJAPAN TEL:075・722・2340)

【2:浸漬0秒で白米の食感 半生発芽玄米(発芽玄米)】水分多めで白米感覚の食べ応え。「特殊製法で半生加工されている、水分をしっかり含んだ発芽玄米。玄米特有の硬さがなく、甘味ともちもちとした粘りが魅力。GABAなどさまざまな栄養価も高い」。120g×3袋入り¥460(発芽玄米 TEL:0538・86・5321)

【3:寝かせ玄米6種ミックス 24食セット(結わえる)】お手軽パックでいろんな味を。「玄米に小豆と塩を混ぜて炊き、そのまま3~4日保温してできあがる寝かせ玄米。おいしさと旨味がしっかり引き出されています」。6種類×4食セット¥6,281(結わえるお客様サポート窓口 TEL:0297・63・5565)

澁谷梨絵さん 5ツ星お米マイスター。雑穀エキスパート、ごはんソムリエ、薬膳インストラクター、雑穀マイスターの資格も持つ穀物のプロフェッショナル。全国各地を自ら歩き、探し出したこだわりの米を百貨店で販売。

※『anan』2019年3月20日号より。写真・山口 明 スタイリスト・大谷優依 フードコーディネーター・田村つぼみ 取材、文・野尻和代

(by anan編集部)

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ