ミュージカル界の王子様・井上芳雄、バラエティでも魅力ブレず!

※画像は、日テレ公式@宣伝部(@nittele_da_bear)より

3月11日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にミュージカル俳優の井上芳雄がゲスト出演し、MCのくりぃむしちゅー・上田晋也らを前に独特な王子様キャラを演じながらミュージカルの世界に入るまでの経緯を明かした。

王子様キャラでも愛される井上芳雄

今ミュージカル界ではチケットが入手困難という井上をゲストに迎えながらも、ミュージカルをあまり観ないネプチューンらがそのスゴさが分からないというと「ほんとにちょっと悔しい思いしてます」と訴える井上。

そんな井上のスゴさについて、舞台共演の多い乃木坂46の生田絵梨花が「芸大出身なのでとにかくもう歌がスゴいですね」とコメントすると、すかさず井上は「芸大というのは日本一難しい国立の芸術大学です」と自ら高学歴をアピール。

また「小さい頃からミュージカル俳優になりたかったんですか?」との質問に「小学4年生の頃からミュージカルを目指してた」と言い、興味を持ったきっかけについて「『キャッツ』を見て大感動して『これやる人になる!』ってもう決めて、それからずっとブレずに(やってきた)」と答えると「劇団四季に入ろうと思って東京に出てきて声楽を学んで入ろうと思ってたんですけど、その前にまあちょっとスカウト的な、ちょっとこう(誘われた)」と、才能を自慢する井上。

これに有田哲平が「『運よく』とか言わないとね」とツッコミを入れてみると、井上は「たぶん輝きが隠せなかったのかな」と調子にのる。そして井上は「初舞台が東宝のミュージカルだったんですけど、それに出てから真面目な話、次の仕事がひっきりなしに来てて。もう20年になるかな?ひっきりなしに」とまたも人気者をアピール。

そんな井上に「20年もオファーが来る理由は?」と上田晋也が尋ねると「全ての実力のバランスがスゴくいいのかなって」と自画自賛。このバラエティ受けするノリのよさにスタジオは大盛り上がりとなった。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ