元ホワイトベリー前田由紀(現・前田有嬉)の「一番ヤバい」話に有田哲平も驚愕

※画像は、『有田哲平の夢なら醒めないで』公式Twitter より

3月12日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に、元Whiteberry(ホワイトベリー)のメインボーカル・前田由紀(現・前田有嬉)がゲスト出演。解散した当時の心の葛藤や仕事を干されて心が病んだ時のことなどを赤裸々に告白した。

前田「ちょっと頭おかしくなってた」

前田がメインボーカルを務めていた小学生5人組バンド「Whiteberry」は、2000年に発売した『夏祭り』が65万枚の大ヒットとなり、その年の『NHK紅白歌合戦』に出場を果たす。しかし、次々とヒット曲を出したものの大人たちへの不信感が増していき、デビューから僅か5年で解散。その後、ソロ活動を始めた前田だったが、来るオファーといえば「夏祭りを歌ってくれませんか?」というものばかりだったのだとか。

前田は「よく『201Xバージョン出さないか?』みたいに言われるんですよ。でもそんなのしたって意味がないじゃないですか」と言い、大人たちへの反抗心について「なんかムカつく!ってのはありましたよね。反抗期なんですよ。ありませんか?レコード会社の人とかでも嫌な人」と当時を思い出す。

しかし、『夏祭り』を封印した結果、前田の仕事はゼロとなり「不眠症」「真夜中の街を自転車で徘徊」、そして「悪夢」を見るようになったという。これについて前田は「ちょっと頭おかしくなってた」と打ち明けると、MCのくりぃむしちゅー・有田哲平は「うわぁ……」と引いた。

そして前田は「夢の中に自分が出てきたら一番ヤバいって知ってました?」と言い「(夢の中で)鬼が出て来たんですよ。洞窟から。『うわ~!』って目が覚めた時に、そん時気付いたんですよ。『あ、あれ私だ……』って」と告白し、この恐怖体験に有田らは驚愕。

そんな人生のどん底を味わっていた前田を救ったのが、なんとゲーム『太鼓の達人』。リズム良く流れる『夏祭り』は子供たちの間でブームとなり、再び『夏祭り』を歌い始めた前田の元には全国からオファーが殺到し、今では海外のイベントに呼ばれるなど大復活を果たしていた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ