Mastercardの非接触IC型「ミライノ デビット」が登場


住信SBIネット銀行とMastercardは4月1日、 Mastercardブランドで日本初のコンタクトレス機能搭載のデビット付キャッシュカード「ミライノ デビット(Mastercard)」の取り扱いを開始する。

同カードは、Mastercardが提供する非接触IC型のMastercardコンタクトレスを採用。カードをかざすだけで支払いが完了する。

ポイント還元率は0.8%。月間のデビットカードご利用金額の合計に対して1,000円ごとに8ポイントのスマプロポイントが貯まる。 貯まったポイントは現金やJALのマイルに交換可能。

さらに年会費1万800円(税込)で、プラチナグレードの「ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)」を申し込むこともできる。ポイント還元率1.0%で、空港ラウンジサービス「LoungeKeyTM」や「ダイニング by 招待日和」等の充実した付帯サービスを利用できる。

また、住信SBIネット銀行の外貨普通預金口座(米ドル)を持っている場合、 米ドルによる買い物または海外ATM利用時に米ドルから直接支払える。

4月1日以降、新規に口座開設を申し込む際に選択できる。なお、ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)は口座開設と同時に選択できないが、希望する場合は口座開設完了後「カード再発行」から「ブランド切替・グレード切替」に進んで申し込む。申込時に1万800円(税込)の年会費が代表口座から引き落とされる。

すでに住信SBIネット銀行口座を持っていて同カードへの切替えを希望する場合、切替手数料は無料。すでにデビットカード付キャッシュカードを持っていて、同カードへのブランド切替の場合は9月30日まで切替手数料無料。ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)希望の場合、申込時に1万800円(税込)の年会費が代表口座から引き落とされる。

法人口座を持っている利用者も「ミライノ デビット(Mastercard)」「ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)」のいずれかを申し込める。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ