『甲鉄城のカバネリ』新作は5月公開、畠中祐「思い入れがある作品」

クランクイン!

2019/3/15 12:50

 テレビアニメ『甲鉄城のカバネリ』の後日譚を描く、劇場中編アニメ『甲鉄城のカバネリ ~海門(うなと)決戦~』が5月10日より、2週間限定で劇場公開される。14日、都内で開催されたフジテレビ「アニメラインナップ発表会2019」で発表された。

【写真】映画『甲鉄城のカバネリ ~海門決戦~』キービジュアル

『甲鉄城のカバネリ』は、『進撃の巨人』などの荒木哲郎監督が手がけたオリジナルアニメ。蒸気機関を動力とする装甲機関車「甲鉄城」を舞台に、不死の怪物・カバネと生存を賭けて激しい戦いを繰り広げる少年・生駒や謎の少女・無名らの姿を描いた。2016年4月から6月にかけてテレビアニメが放送され、その後2本の総集編が劇場公開された。

『海門決戦』は本編から半年後を描く。生駒役の畠中祐は「キャラクターの成長が見られる映画です。思いっきり演じさせていただきました。思い入れがある作品なので、こうして劇場に戻ってこれて、仲間に再び会えることうれしかった」と熱い思いを口にした。

劇場公開と同時にNetflixでも配信される。畠中は「世界中の人にも観てもらいたい。独特の世界観は国境を越えると思う」と呼び掛けた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ