ピエール瀧容疑者と同じ事務所のミッツ「一番危険な香りを漂わせている人だった」

 タレントのミッツ・マングローブ(43)が15日、フジテレビバイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。コカインを摂取したとして麻薬及び向精神薬取締法違反(使用)容疑でミュージシャンで俳優のピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)について言及した。

 

 瀧容疑者とは1か月前に言葉を交わしたばかりだというミッツは、同じ事務所ということもあり「余計にびっくりしました」。「無茶する感じとか破天荒な感じ、飄々と不真面目にやっているあのスタイルがカッコイイと思っていた」と印象を語った。

 続けて「最近は芸能界でも自主規制とか、道徳的に振るまわなければいけないとうことが強まってきている」と現在の芸能界の風潮を指摘した上で「その中でピエール瀧っていう存在はギリギリのところで、一歩踏み外さないところで一番危険な香りを漂わせている人だった」と振り返り、「踏み外していたんだって…なかなかショックでした」と表情を曇らせていた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ