20年前のセンスに…美容師に「おまかせ」とオーダーしたために起きた悲劇

fumumu

2019/3/15 12:00


自分でしたい髪型が見つからない場合には、美容師に「おまかせ」するのも一つの方法です。しかし「おまかせ」した髪型が、失敗だとしたら気持ちも沈んでしまうので難しいところです。

■年を重ねるほど美容師におまかせ


しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,489名を対象に、髪を切るときに美容師に「おまかせ」でお願いしたことがあるか、調査を実施しました。

髪を切るときに美容師に「おまかせ」でお願いしたことがあるグラフ

「お願いしたことがある」と答えた人は、全体で31.6%でした。

性別・年代別では、男女ともに年代が上がるほど割合が増えているのが印象的です。

髪を切るときに美容師に「おまかせ」でお願いしたことがある性別・年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、美容師に「おまかせ」して失敗した経験について聞きました。

(1)センスが古すぎる


「急に髪の毛が伸びているのが気になったので、適当に家の近所にある美容院に入りました。『うっとうしいので、適当に切ってください』と、曖昧なオーダーをしたために悲劇が…。

美容師さんはシャギーを入れまくって、軽さを出してきたんです。たしかに伸びた髪は、とても重そうだったけれど…。

家に帰って母に、『懐かしい!』と言われてしまいました。新しい流行を追えない美容師さんって、致命的ですよね。地元の小さなところだから、いいのかもしれないけれど…」(20代・女性)

(2)「おまかせ」以前に腕が悪い


「伸びたボブの状態だったので、美容師さんには『ボブをキープして、後は任せます』と言ったんです。左右の長さを揃えるために、髪を引っ張りながら一生懸命切っているのですが…。

出来上がったと言われた髪は、確実に左右の長さが違います。ただこの人の技術では抗議しても直せないと思い、そのまま帰ってきました。

後日、別の美容院で再度、切ることになってしまい、無駄なお金を使ったと思いましたね」(20代・女性)

(3)ほぼ変化なし


「髪型をどのようにするか迷ったので、美容師さんに『おまかせして見ます』と言ってみたんです。すると美容師の方は、『そんなの、緊張する…』とあまり乗り気ではなくて…。

出来上がった髪型は、切る前とほどんと変化がありませんでした。『おまかせ』って、美容師さんにとっても怖いものなのかもしれませんね」(20代・女性)

よほど腕とセンスを信頼していないと、「おまかせ」ではできないですね。

・合わせて読みたい→2019年はどんなヘアスタイルに? トレンドワードを美容師が解説

(文/fumumu編集部・ニャック)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名(有効回答数)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ