眉メイクが苦手な人必見! ○○を変えれば上手く描けるようになるんです!




みなさんは眉メイクが得意ですか? それとも、苦手ですか? 眉は顔の印象を大きく左右する重要なパーツ。もし、眉メイクが苦手な人はこの記事を読めば、描き方のコツを掴めるかもしれません!

眉メイクが苦手な人の傾向と解決策

1: ×眉頭から描いている→○眉尻から描く



顔に溶け込む眉を作るには、眉頭・眉山・眉尻の濃淡を調節してグラデーションを作ることがとても大切なんです。
濃くする順番は、眉尻→眉山→眉頭の順。つまり、最初に眉尻からしっかり描いて、眉山~眉頭にかけて念入りにぼかすことで、自然とグラデーションが完成します。よく、眉頭から描いているという人を見かけますが、眉頭が濃すぎると、顔から眉全体が浮いて見えて、とっても不自然。意識的に眉尻から描くクセをつけましょう。

2: ×アイブロウペンシルのみで仕上げている→○アイブロウペンシル・アイブロウパウダーを併用する

アイブロウペンシルはハッキリとした線を描くのに適しているため、眉尻など毛のない部分に使用するにはもってこい! 一方で、眉山や眉頭にも使用してしまうと、眉のトーンが濃くなりすぎたり、立体感に欠けるのっぺり眉になってしまう可能性があるのです。
そこでおすすめなのが、眉尻はアイブロウペンシル、眉山・眉頭はアイブロウパウダーといったアイテムを使い分けること。アイブロウパウダーはふんわりとした発色になるため、眉全体にのせても“描きました感”がでず、ナチュラルな仕上がりになります。
また、眉メイクを成功させるには、しっかりとぼかすことも重要です。眉全体を描いたら、スクリューブラシを使ってよくぼかしましょう。このプロセスで色が剥げてしまった部分は、ペンシルで描き足します。力は入れず、軽いタッチで行うと自然な仕上がりになりますよ!

3: ×眉上を剃っているor抜いている→○眉上はできるだけそのままの状態で

眉を処理するときに眉上を剃ってしまうと、眉山の上あたりにある筋肉(眉丘筋)がこんもりと目立ってしまい、表情が不自然に見えてしまいます。できるだけ、眉上の毛はそのままの状態にし、眉下を調整するのがおすすめです。
また、眉はトレンドが変わりやすい部分なので、太眉・細眉にいつでも対応できるよう、抜くより、不要な部分だけカットするほうが安心です。(毛を抜き続けることで、毛が生えてこなくなることがあるため)

4: ×眉カットはスッピンの状態で大胆にカットしている→○理想の眉を描いた状態でカットor抜く



眉の形を整えるとき、すっぴんの状態でテキトーにカットしたり、抜いたりしていませんか? この状態で眉処理を始めてしまうと、毛が必要な部分と不要な部分がわかりにくく、ついついカットしすぎてしまう場合も……。すっぴんの眉型がいびつだと、メイクしづらいうえ、左右のバランスを合わせるのも大変ですよね。
眉を整えるときはできるだけ、理想の眉を描いた状態で、ガイドラインからはみ出している毛のみをカットするのが、おすすめです。

眉メイクが上達すれば美人度も上がる!

バランスの取れた美眉は、まさに美人オーラを底上げしてくれる大切なエッセンス。眉メイクは練習を重ねることで上達が見込めるはずです。苦手意識を克服し、美眉メイクを楽しみたいですね!

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ